07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告

レッスン80回目

2015/08/16
レッスン回数を月2回にしてから、タイミングによっては1か月ほど間隔が空いてしまうようになりました。
でも時間があった分だけ上達してるかというと、全然そうじゃないんですよねー。
不思議なものです。。。


今回みていただいたのは3曲。

【ツェルニー30番 9】
8番は右手、9番は左手の32分音符のスケールもので、

8番は♩=84(Vivace)
9番は♩=80(Allegretto Vivace)

私が弾くと9番が8番の2倍の遅さになってしまうのは、いったいどういうわけなんだい?
←8番 ←9番)

カールめ。いやらしい曲を作りやがって。
8番との速度の中途半端な差、♩=4(84-80)がヤツの良心なのか?くそう・・・


:ドタドタと重たくて遅いですね
:ええ、左手が・・・こ、これでも多少は早くなって・・・
右手もです
:・・・・・・(←瞬殺されました)


左手
少し手をひっくり返すような感覚で重心を移動させると自然に早く弾ける
練習方法としては細かく区切る。指を変える切れ目まで、指を換えるところ→繋げて拍を意識しながら
早く指を動かすというより、早く上に上げるつもりで

先生と一緒に練習したんだけど(まだまだ遅い。チッ!)という心の声が聞こえてきたように思いました。
わかってますよーだ

右手
鍵盤の底まで弾くと打鍵の余計な音が混じる。浅く打鍵する。
(そんなにガシガシ弾かなくてもいいのに、よくやってしまうんですよね~)

:ツルツルっと素麺みたいに弾いてください。ドロドロと固形物が混じるのはダメですよ(笑)



【シンフォニア 3番】
シンフォニアは「この曲好きだ」って思ってても、次に練習する曲もやっぱり同じように「これが一番好き」と思うから不思議です。(愛は常に上書き
もしかしてバッハさん(@羊頭)はとってもすごいヤツだったのか?と今更ですが思い始めました。


最初、かなりテンポを飛ばし気味に弾いてしまって途中で崩壊
弾ける早さで弾いてください」と。。。


:各声部のテーマ、モチーフの表現を揃えましょう。

私のはソプラノで♪タララッタッターとなってるのに、アルトだと♪タララッターターとなったりしてて、「曲の中身が整理されていない」と感じさせるようです。

片手ずつ弾きました

指がギリギリの保持音もなるべく保持すること
音の長さをきちんと守ること
ゆっくり丁寧にみること(←私の中で一番欠けてる要素)

平日は朝に練習をしてるんですけど、いつも「これ弾いたら急いで出発しなくちゃ」と思いながらやってるせいか、弾けてなくてもムリヤリ弾くというか、雑で走りがちな演奏になってしまいます。
もともと雑な性格なのでそういう風になりがちなんだけど、さらにそういう部分がパワーアップしてるのかも。
夜は疲れてるからイヤなんだけど、でも朝より夜に練習した方が変に焦らなくていいのかもしれないな~


【ワルトシュタイン】
曲の前半をみてもらいました。
弾き始めたものの、23小節からの左手分散和音のところで早々とストップ

とにかく分散和音がヘタ!!

腕の重心を移動させて弾く(この話、何度目なんだろう・・・)
手をもう片方の手のひらに乗せて、指1本で支えるようにする。
最初は3の指、次に4の指、と指を変えても同じ重さが乗るように。
同じ重さを支えようと思ったら、重心が真ん中になるように自然に腕や手の位置を変えるはず。
鍵盤の上でも同じこと。

指だけで弾こうとすると、わざと手首を固定させるような弾き方になる。
手首やひじをを回すというより、重心を移動させた結果として回る。

分散和音なのでバスの音に一番重さが乗るように、少し前方向に出すようなつもりで運ぶ。
(クロールのような動きになって、手首は上がらず少し下の方?)


これまでガーッと勢いだけで弾いてたから(またまた悪いクセが・・・)、テンポを落としてみるとかなり弾きにくかったです
でもまずはキッチリ揃えて弾くことの方が大事みたい。
音がバラバラで揃ってないことに慣れてしまうと、違和感を感じなくなってしまうそうで、そうなってからだとどれだけ人から指摘されても自分で自覚できるようになるまでは直せなくなってしまうそうです。
そうならないように、しっかり音を聴いて揃えるようにしてくださいとのことでした。


この曲も細かく練習すること(:うっ・・・!)
まずリズム練習。転ぶのは指が止まれないからなので、何パターンか試してみて弱点をつぶしておくこと。

曲の最後から練習する
前からだと後半に行くにつれておろそかになりがち。
曲の終わり方を定めて、それに向かってどうやっていけばいいか考える(曲の構成)
ゴールまでの道筋を見据えて演奏すること



ブログ村 ピアノ
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
 ピアノレッスン

秘密兵器投入☆

2015/08/01
先日の動画を確認して、演奏時のあいかわらずの「謎の揺れ」現象に思わず「うっわー」とうんざりした私ですが、秘密兵器を投入することにしました!


↑秘密兵器☆バランスボール

少し前にブームだったようなので(←乗り遅れたクチ)、「なんだよ、今更バランスボールかい」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

でもね、バランスボールをピアノを弾く時の椅子として使ったら体幹も鍛えられそうだし、なんなら重心移動も上手くなるかもしれないし、ひょっとしたらダイエットになるのかもしれないし、一石二鳥?三鳥?ムフフムフフ。



ネットで調べてみたところバランスボールはいろんなところで活用されているようです。

↓例えばこんなの。しかしながら、うっかり訪問先でこんな光景を目にしちゃったら笑いをこらえる自信はない。

「こちらにおかけください」なんてこちらにもバランスボールを勧められたらどうしよう。

↓あーあー。言わんこっちゃない。



くだらない妄想は置いといて。笑
あまり大きいと邪魔になりそうだし、バランスボールの大きさは55センチぐらいのでいいかなと思ったんだけど、椅子代わりに使うんだからピアノと高さが合わないと残念な結果になりそうなので、おうちのピアノの椅子の高さを測ってみたところ47センチぐらいでした。
お外で弾く時はおそらくもう少し高めにしてるんだけど、うちのデジピさんは少し小さめなんですよ。
とするとやはり55センチで・・・いやいや、私の体重が乗っかるんだから、かなり凹むハズだ。
もうひとまわり大きめの方がいいのではなかろうか。。。

どうやら売れ筋は65センチのようです。
それと「アンチバースト」というのを謳ってるのがいいみたい。
たしかに乗っかった途端に破裂したらイヤですもんね。


↓ということでこれを買いました。

耐荷重300kg。さすがにこれなら大丈夫だろう。
お値段は半額になってて約1,500円。
ピアノ椅子のつもりなので、色もそれっぽいものにしてみました。

↓箱の中身

空気入れもついてました。
空気を入れなきゃいけないことまで思い至ってなかったよ。よかった~



説明書の類は入ってなかったけど、どうやらここから空気を入れて・・・


これで栓をするらしい。


シュコー、シュコー、シュコー・・・

だんだん膨らんできたぞ!(ちょっとしんどいです)

完了!

おお、色合いも大きさもいい感じではないか!


使ってみた感想
最初は勝手がわからず、とにかくガニ股になってました。
それでもちょっとずつコツをつかんだのか、少し普通の椅子っぽく座れるようになってきたかな。
あ、でも足は少し開き気味にしないと転がりそうになるので要注意です。
それでね、コレ、ただ座ってるだけなんだけど、おなかと腰まわりに力が入ります。
それと太ももがやたらキュッとしますよ~

特にピアノを弾きにくいことなんかはないけど、ペダルを使う時に普段と少し違う部位を動かすような感覚になりました。
いつもどれだけドッカリ座っちゃってたんだか!
でも左足で踏ん張ってるから、両ペダルを使うのは難しいです。
もしかして慣れてくればできるようになるのかな?

それとバランスボールに座ると謎の揺れ現象はおさまるようです。
先生の言うとおり、やはりカギは体幹の支えにあったのか!

それから弾きながらたまにピョンピョン飛び跳ねたくなるんだけど、いくら楽しいからとはいえそういうのはどうなんでしょう。
これは私だけなんだろうか?(笑)


追記
素材が伸びるのか空気が抜けるのかわからないけど、割とマメに空気を入れ直した方がいいのかもしれません。
それから長時間乗ってると(遊んでると?)、普通の椅子に座った時に少し船酔いみたいにフワフワした感覚になります。



ということでしばらくピアノの椅子をバランスボールにして過ごしてみます。
今後の変化に乞うご期待!チェキラ☆


ブログ村 ピアノ


 ピアノ | コメント(11)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。