09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告

レッスン54回目

2014/10/26
2週間B durを練習してたんですよ。
でも弾けないってどーいうこと

下降で左手がめちゃくちゃになっちゃうんです。
練習してて「あれ?弾けてきたかも」という時もあったんですよ。でもよく見たら指番号間違えてたし…
結局弾けないままレッスンの日になってしまいました。

【ハノン B dur】
今回はB durだけ。
瀕死の状態でヨロヨロと音階を下る私
なに?カデンツ?ハッハッハ!(←あたま真っ白けっけになった)

左手だけ弾いて、重心やお腹や腕の使い方、気持ちを前に出す感じ(笑)とか、いろいろ先生からアドバイスしてもらったんですけど、その中でも一番アッと思ったのが、私はこの音階を弾く時に上腕を使ってないってことです。上腕を使うことを意識しながら先へ先へという気持ちで弾くと、あら不思議!先程とは段違いに良くなりました
これ、前回のレッスンでも同じことを教わってたんですよ。腑に落ちるまでちょっと時差があったみたいで…定着するには更に時間が必要かも。

先生:指先は口、手首は喉、腕は肺のつもりで歌うといいといいますからね。

:左右合わせてみるとまたダメになってしまいそうで心配です。

先生:慣れです。右手は意識せず勝手に弾いてる感じにしておいて左手重視で弾いていって、そのうちどちらも自然に弾けるようになるといいですね。あとは地道にこんな練習(4つ目の音を長くしたり、5つ目で切って弾いたり)もいいかもしれませんよ。

カデンツを横の音で聞けるようにするのもいいかもと。左手は4→5→5→1だし、導音から終止だし。
転回を元に戻せば音は離れてるけど和声はなるべく近いところで動いてるから、そうやって覚えるのもいいのでは。

あとは音の質。左手の音がモヤモヤしがち。他の曲にも言えるけど一旦右手で左手のパートを弾いてみて出したい音のイメージを掴んでから左手で再現するようにするとやりやすい。

うう~!次のレッスンまでにはちゃんと弾けるようにしたい~!!


【シンフォニア2】
弾き終わって(小さな子供みたいな弾き方だな~)と自覚。

先生:もっと表情をつけて弾けるといいんですけどね。ええと、そういうのを書いてある楽譜があるんですけど…これは原典版だし、これは「なんちゃって」だし…(←いったい何冊出てくるんだ!?)…ああ、コレとか。

先生が出してくれた楽譜は私も買った解説本でした

:それ持ってます~。でも「なんのこっちゃ?」で、あんまり使ってなくて…

先生:えー!もったいない!

とりあえず試してみて気に入らなければ変えればいいんだからということで、解説本を見ながら記号を鉛筆で書きました。それからどうしてそういう解釈なのかとか、ここはこうした方がいいとかのアドバイス。この楽譜の解釈をした方の講座や演奏の感想なんかもお聞きして。
そういえば有名なある先生(故人)は1レッスン8万円だったとか
その先生の月収はお幾らぐらいだったのかしらと思わず計算したくなる私。(←そこかいっ!)

トリルの弾き方
前にも同じお話があって、最初私は1音に4つ入れてたんです。解説には「3つでもいいよ」と載ってたので3つずつの練習をしたんですけど、拍の頭の音が変わるから混乱しちゃって、結局4つに戻したんです。
私のは機械的にバリバリトリルになってるけど、ここは弦楽器や歌が♪あ~~という風な揺らぎの音だし、トリルの音は主役じゃない。それにやはり3つずつの方が不安定な揺らぎ感が出るからそうすることに。
で、レッスン中に練習したんですけど迷走しまくり
この、すかぽんたん!

休符での呼吸
休符が適当になってるところがチラホラあったんですけど、休符は次の準備のためだと思えばいいと。
先生の動きをみてると先程の手首が喉で…というのがしっくりくるけど、私がやるとなんかぎこちないんだよな~
休符の後の入り方も大事。何も考えないで入ってたけど、そういうのはよくないですね。

前回のレッスンで音がブチっと切れてたところ
今回も直ってないというご指摘に「えー?直したつもりなんですけど」と弾いてみる…

…直ってなかった
私の耳はどーなってるんだ。

今週の練習ポイントは強弱ね


【幻想即興曲】
先生:いい演奏は「あっという間」で「もっと聴いていたい」「もう一度聴きたい」と思わせるものだと思います。聴き手を意識してください。

先生:あのホールはよく響くから、意識はこのへん(鍵盤のあたりを指して。身体の前?)で弾くといいですよ(←どういうことかよくわからない。ホールで弾くのってそういうものなのか?)
本番では80%の力しか出せないので、普段は120%まで持っていくつもりで。私はわりと幽体離脱系なんですけど(笑)、そのためにひたすら弾きこんで自分の中に落とし込みます。
それとあのピアノは音の粒を揃えるように意識するといいですよ。ホールでの音や雰囲気を楽しめる余裕があるといいですね~


ツェルニー風練習をかならずやること
まだ拍が合ってないようです。この練習やってきたのに

最初の音
最初の音を弾く時にはすでに先の展開をイメージできてないとダメ。

右手の最初
手を狭める→広げるという動きに瞬時に対応できるように。

最初の起承転結の転のところ
分解して練習。ここでコケたらあとまで引きずる。練習はひたすら悲観的になって、あらゆる失敗の可能性を想定して全部つぶしていくつもりで。逆に本番は楽観的に。
できればここの頂点の音はすくい上げるように下から出してほしい。

フォルテのところのアクセント
しっかり出す(←何度目?)

半音階の下降
弾けなくなりました。ここに来ると「また弾けない~」ってなっちゃって…それに弾けないとますますパニックになってどの指で弾くのかも忘れます(泣)

先生:ここになると急に早くなって自分で首を絞めてます。それに半音階前の休符もなくなってます。落ち着いて基本に忠実に。

中間部
もっと強弱とメリハリを。
フォルテのところの右手は出てるけど、左手も大事な音を出すように。


今回はここまで。次からは順番を変えてバッハの前にした方がいいかもと。
確かに途中で終わっちゃうのは消化不良になっちゃうし、それに今のメインは幻想即興曲だし。


ステップ、申し込みます←宣言しとこ



ブログ村 ピアノ
スポンサーサイト
 ピアノレッスン | コメント(2)

女子力低下を阻止したい

2014/10/14
今日はお仕事が早く終わったので、デパートのコスメ売り場を覗いて来ました。
コスメ売り場って大好き
イイ香りでテンション上がりまくり

台風一過、急に空気が冷たくなったので気分転換に新しい秋冬の香りを買いに行ったんです。どことなくエリカ様に似たベッピンさんのBAさんと楽しくおしゃべりしながらお買い物を終えて一息…

「ところでメイクにはご興味がおありですか?」

興味ないわけないじゃん?
なんでそんなこと聞くの~?笑


…その時、ふと横の鏡を覗いてみたら、そこには生活に疲れた中年女の顔が!!

ひーっ!化粧が全部落ちてるー!
アラフォーの生活感、余すところなく丸出し!
メイクに興味アリだなんて、どの口が言ってるのー!?


コスメ売り場の鏡って基本キレイに見えるように照明とか気を使ってて、いわゆる「美人鏡」ですよね。それなのにこの有様なのか…と思わず脱力です。脱力はピアノだけでいいよ…
地下鉄の窓に映った顔もサイテーですね。でも美人さんはそういう時もキレイなんだろうな~。うらやましいっ!
昔お勤めしてところのトイレの鏡なんて蛍光灯の下、病み上がりにしか見えないひどい「ブス鏡」で、社内の女子のモチベーション低下につながるのではと危惧したりね(←きっとすごくどうでもいい)

結局メイクアップアーティストの方が来るからその予約をしていく?というお話だったんですけど、ムダに狼狽してしまった…

職場恋愛?皆無です♪という色気のない環境に甘えて、平日朝のメイク時間は3分以内という記録をヒソカに誇っていた日常に喝!!
このままじゃオナゴにあらず!
明日からがんばろう



…なんて、いつまで続くかな~


↓Googleで「朝のメイク」を検索した時の予測変換がおもしろい

そりゃまた極端な…笑


追記
スマホを新しいのに変えたんですけどまだ慣れてなくて、間違って記事を消してしまいました。でも「送信履歴」というのが残ってて復活
別にたいしたこと書いてないけど、消えちゃうと悲しいです。
それとスマホのせいじゃなくてアプリのバージョンアップのせいかもしれないけど、絵文字の調子も良くないです。どーにかならんものか…

昨夜決心した女子力アップですが早くも初日で挫折しました。ピアノの練習メイクじゃなくて、メイクピアノの順番にした方がいいかも。



ブログ村 ピアノ
 日常 | コメント(6)

レッスン53回目

2014/10/13
またレッスンから日があいてしまいました。すぐ書こうとおもってたのに

【ハノン39 ヘ長調とニ短調】
音階を始めてから3週間、毎日弾いてたら少しずつ慣れてきたみたいです。赤ちゃんが幼稚園に行き始めるぐらいに成長したかな(そうだったらといいなという希望)
左手の下降がおそろしく苦手という自分の傾向もわかってきました。

1回目
→カクカクしてる。スピードが足りないから?腕の動きに指がくっついてるように弾いてみて。(上腕の力だけで羽ばたくように腕を広げてみる。左腕が激弱っ!)
先生の弾き方を見ると、自然に横にスライドしててそれに指がチャカチャカ動いてるような感じ、私は前後に無駄に動いてモコモコした動き。黒鍵の弾き方にコツがあるの?

2回目
→音がモヤモヤしてる。もっとハキハキと。最初の出だしで勢いをつけて慣性の法則で進んでいくように。

3回目
→小指が巻いてる(特に左手)。小指が巻くのは、指が独立してなくて他の指に引っ張られてしまうから。巻いてると次の動き(和音とか)が遅くなる。意識するようにして、ゆっくり直していきましょう。

4回目(左手)
→1の指と4の指の返しがダメ。「最後から遡って練習」で4から1に移るところ(ドシラソファ)から弾く量を少しずつ増やしていって、それから先生の「これやってみて?」という動きをいくつかやってみました。
シを5の指で押さえたままドを1、レを4でトリルみたいに。さらに2の指もミのフラットを保持すると・・・自分の指なのにまったく動かせないっ!

先生:たぶん出来ないだろうと思ってましたけど、ここまでとは~!笑
…笑ってる場合じゃないですね。きっと今まで使ったことのない動きなんですね。まず手首を左右に振って~。

先生が私の指を持って動かしてくれました。←介護状態
そしたらまるで産まれたての子鹿が立ち上がるように、震えながら微かに動かせました!バンビー!!(←これは馬)

左の4の指はみんな同じように弱いけど、私はスジが3の指側に寄ってくっついてるみたいです。そういうのはそれぞれの個性で、私の場合は特に3と4の指の間のストレッチをやると弾きやすくなるかもと。身体も指も少しずつ慣らしていくことが大事。

それとすぐあやふやになってしまうけど、左手4と3がどの音なのか意識しながら弾くといいかも。私は1の指の音は意識してたけど3と4のことはそこまで気にしてませんでした。聞いたときは「発想の転換」と思ったけど、普通はそっちを意識して覚えるものかもしれませんね

5回目
→高音を弾く時に上半身をひねって弾いてる。平行移動で、下降する時は逆に低音部の方を向いて向かっていくように弾いた方がいい。左足で踏ん張ること。

コレ、指摘されて初めて気付きました!
高音部に向かう時、身体が真横を向いてたんです。先生の仰るように弾くとすごく弾きやすい!


【シンフォニア2】
ここしばらく帰りが遅くなる日が続いてて、朝に練習出来ない日は寝る前に少しだけ練習してたんですけど、疲れてる時に幻想即興曲を弾こうとすると最初の1ページで力尽きてしまうんです。
そんな時はバッハさんの出番。見開き2ページで短いし、曲になにやらヒーリング効果があるような気がするし
夜の男、バッハ


先生:なんだか笑顔で「私は悲しいです♪」って言ってるような弾き方です。(←すごくよくわかる)
c mollなのでもう少し重々しく、今のピアノならレガートで…昔の鍵盤楽器ならこの曲はオルガンだと思いませんか。レガートは音を重ねて、あんまりやりすぎるとロマン派みたいになっちゃうけど。足を取られるぬかるみを歩くように。

先生が少し弾いてくださると、雰囲気が全然違います。それに和声毎で音の大きさが違ってて(今回初めて気付いたし)、そういえば前回のレッスンでもかたまりで捉えて弾くようなことを仰ってたな~と思い出しました。
最初より次が大きくなってたのは和声がより高音に移動したらで、これテーマだし、他にも同じパターンのところは、これと同じように弾いたらいいのかも。


ここの高音、上から弾かない。鍵盤に対してナナメに、深いところで音を出す。
例えば筆ではらいを書いた後、次の画まで細い線で繋がってるように。
降りてくるところは指を寝かせて横に移動するように。重さが移動する。



ここのアルト、音が切れちゃってました。要注意!

調が変わるところの音

↑減5度 こういう音を何気なく弾かないように

26~27小節の低音の上昇は大事。

16分音符の音形はそれぞれの性格を感じて。

ピカルディ終止は光がさすように。音の広がりを意識。バスの響きの支えと高音の輝き。

先生:この時代からのちのソナタ形式につながるんですけど、これは展開部が長いのでドラマチックな曲と言えるでしょうね。再現部なんて5小節しかありませんから。

へ~、なるほど。そういう見方をするのか~


【幻想即興曲】
動画撮影以降、姿勢よく無駄に揺れないように弾くように意識してます。そしたら半音階がまた弾けなくなってしまいました。そういうところは体で持ってかないとダメなのかもしれませんね~

先生:だいぶ弾きなれてきてますけど、縦の線が揃ってないのが気になって…右手の音だけじゃなくて、聴く人はバスの音を聴いてますから。バスでリズムをとって、拍はバスで作るんです。左手の音を聴ければ、全体をコントロールできるようになりますよ。

心の声
(弾いてて合ってないことはわかるんですけど。。。左手が弱くてコントロールできないのと、右手もいっぱいいっぱいで…まさかほかにも原因がある??)

先生:では練習しましょう。右手は普通に、左手はバスの音だけ弾いて・・・

(練習後)
先生:もっと強弱とメリハリが出るといいんですけどね。ではもう一度最初からどうぞ。

注意点
最初の音は緊張感を持った音で。2小節目ではすでに次のCisを思うように。

Cisの響きを右手の入るところまで繋げる。最初のふたつはしっかり弾いてもいいけど残りはcisの響きの中に入れるような感覚。ペダルはそのまま。
ここまでで絵の額縁を整えるような、料理のお皿を準備しておくようなイメージ。お料理を適当なお皿に入れない。

右手は囁くように、ざわめくように。(軽く浅くかな?)

次の登るところはクレシェンド。

上昇して返ってくるところは円を描くような、壁に反射するような感じ?
弾けなければ上からでもいいけど。

中間部は変化を。飽きないように。弾いてる人が飽きてるなんてなおさらダメ!(私も飽きてると言ったら失笑してました)
楽譜のエディション違いを見てもいいかも。左ペダルで音の雰囲気を変えるのもアリ。3回目はこの先の戻り方、終わり方を思いながら(とポーランドの先生に教わったそうだ)

最初は好きな演奏の真似でもいいので、今日はルビンシュタイン風、今日はカツァリス風と3パターンぐらいで弾けるようになれるといい(←出たっ!!高度すぎる~~~


  
気がつけばもう3連休の最終日です。実家に帰ったので久しぶりに古いピアノを弾いたんですけど、何か月かに一度しか触れないせいか非常にザンネンな状態になってました。最後に調律してからどれだけ経ったっけ?
でも弾いてると母がずーーっと横でおしゃべりしてるので、全く練習になりませんでした
やだー!今週も練習不足になりそう(焦)


ブログ村 ピアノ
 ピアノレッスン | コメント(0)

動画で検証 ~緊張とか姿勢とか~

2014/10/05
先日練習会に行ってきました。

元来、人前でピアノを弾くという想像だけでてのひらに冷や汗をかくという特殊技能を持つワタクシですが、それでも練習会で弾くことはだんだん慣れつつあります。慣れは偉大


正気保持割合まとめ(完全に主観に基づく)
100 ひとりでひっそりと楽しむ

90 普段のレッスン(先生の目がじゃないとき)

80 いつもの練習会

60~70 発表会風練習会

30 最初の人前演奏

20 昔のトラウマ発表会、春のお披露目会

0 絶対に体感したくない心境(未経験)→廃人コース


私にとって緊張したら困ることは、身体や指が動かなくなることと、正気を保ってられなくて何やってるかわからなくなることです。このふたつがどうにかなれば、少しぐらい緊張したっていいのかも。
というのも、お友達のサークルの演奏会に行ってきたんですよ。なんでも加入するのにオーディションがあるという超上級者サークルらしくてメチャメチャお上手な方たちだったんですけど、至近距離で見てたら緊張してかなり手足が震えてる方もいらっしゃって(それだけで私は親近感湧きまくり)、でもほとんど演奏に影響してらっしゃらないみたいだったんですよ。(もしかしたらご本人からするといろいろあるのかもしれませんけど)

ま、でも正気の割合は80%ぐらいを目標にします


では、このヒドイ有様の動画をご覧ください(撮影協力:さくらこさん)
練習会の「発表会形式」です。動画撮影によって心のハードルは上がってます。正気度自覚値は60ってところでしょうか。
(ボカシを入れてるけど、身バレすると恥ずかしいので限定記事にするかもしれません)

動画を撮った目的
緊張したときにどのようになるのか
弾いてるときの姿勢がどうなってるのか





あ、最初だけチラッと再生していただければ十分ですよ。万事こんな調子で、見る&聴く価値ナシです(元が元なので…)


まずの緊張するとどうなるか
動画を確認すると、やっぱり弾きながら体感してたこと(左右合わせられない、だんだん早くなっちゃうとかイロイロモロモロ)そのままでした。
普段の傾向や欠点がさらに増幅されちゃうんですね。
・・・ということは普段どおりに弾くのが目標だとすると、傾向と欠点を把握してそれを潰すように練習しておけば、普段に近い状態に持ってけるってことですよね~

それとピアノの前に座って即、弾き始めてましたが、おとなしく座ってると余計に緊張しそうで逃げるように弾いてるからです
こないだの練習会でこの話になったんですけど、弾く前はいくらでも座っててOKだから一旦心を落ち着けるようにした方がいいみたいです。次回はそうしてみよう

他に練習会で言ってたのが「呼吸」。これもすぐ忘れちゃうんですよ。私、ちゃんと息してるんだろうか…(危ないよ?)

あとね、どうでもいいことかもしれないけど緊張すると手に汗をかいてネチョネチョになるのがすごーく気になってしまうのです。ベタベタして超弾きにくい~(鍵盤がベタベタしてるのも結構気になる)
ハンカチで拭いても、そんなに手から水分が出てるわけじゃないから効果がないんですよ(油分が出てるのか?)
なので、消毒用のアルコールジェル(ベルガモットの香り)を試してみることにしました。


こないだのレッスンで先生のラベンダーの香りのジェル使わせていただいて、これはもしかして使えるかもって思ったんですよね。しかもアロマが入って一石二鳥なのでは?ウシシシ

ハーブとかアロマテラピーが好きなので、緊張対策でアロマも試してみたいんですよね~


次にの弾いてる時の姿勢。
どちらかというとこちらの方がメインでした。弾いてる時の姿を見てみたかったんですよ。
これまでのレッスンで身体の揺れについて何度もご指摘があって、動画を見てみると確かに上半身が揺れてるんですよね。どういう理由で揺れてるのか観察してみたけど、ペダルを踏むタイミングか、拍なのか、腕と肩の動きを補うつもりなのか(筋力がないので)、ただの癖なのか、…う~ん。なんでだろう??
動画を見た後、おうちでできるだけ揺れないように弾いてみると、なんとなく一歩退いたような感覚になるような気がしたんです。
なので、もしかしたら揺れることで自分を煽ってしまって、前のめりな演奏になってしまうのではという仮説を立てました
なるべく揺れないで弾く練習をして、なにがどう変わるか観察してみます


  
まだステップの申し込みをしてません。
緊張対策とかやってるけど、肝心の演奏が全然上達しないので、こんな状態で出るなんてメッタウチになって再起不能になるような気がします。まだ申込期限まで時間あるし。。。(うだうだ)

  
練習会でこんなかわいいバッグを持ってる方が!!
小っちゃいペダルとかファスナー開けたら鍵盤とか、芸が細かくて超カワイイ

思わず写真を撮らせてもらったのだ


  
昨日はお友達の、今日は先生の演奏会に行ってきました。芸術の秋!!
どちらも素敵な演奏で、私の身近な人たちだから自慢したくなるな~
そういえば今日、近くに座ってたオジサンが途中で寝息を立て始めて、それがかなりシューシューいうもんだから、もう気になって、気になって…しかもほのかにクサい(最近、私が行くコンサートはこのパターンが多い気がする) 
もー。何しに来たのよー
座席選びは慎重に


ブログ村 ピアノ
 ピアノ | コメント(12)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。