08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告

レッスン52回目

2014/09/26
びっくりするほど音階が弾けなかったので、今週の練習のメインはハノンでした。
テンポもゆっくりから始めてやっと100ぐらいになって、指番号が合う成功率(?)もほんの少し上がり…と、最初に比べるとちょっぴり練習の成果は見られるものの、音はデコボコだし(特に左!)最後の指が合うかどうかはやっぱりロシアンルーレット
シンフォニアのトリルもアヤシイし、幻想即興曲も前回のレッスンで教わった練習もできてない…
あーん!今週は完全に練習不足です。
私の場合「しっかり練習したもん」という時とそうじゃない時を客観的に比べると、もしかしたらそんなに差はないのかもしれないけど

ピアノは自分のできる範囲でやっていこうと決めてるし、やるもやらないも自己責任で、昔習ってた時みたいに「なんでやってないのっ!」と叱られるわけではないし(よく叱られて泣いてた)、それにレッスンはいつも楽しみ
それでもすっかりドナドナ気分。
(BGM ♪あ~る~晴れた~ひ~る~さがり~…)



【ハノン39 ハ長調とイ短調】
少し先生が席を外されたので練習タイム
(お、合った合った。もう一回…あらやだ、指が足りないじゃない。片手ずつね…)


先生:何を迷ってるんですか?

:指が覚えられなくて…

先生:ああ。3と4がね~。
ではC durから。a mollは途中のカデンツは省いて、続けて最後まで弾いてください。

ところがC durの最後で指が足りなくなっちゃって中断。
a mollはヨレヨレボロボロの音でした。

先生:肩を回しましょうか?

いつものようにミシミシ、バキバキ
弾いてる時に首が前に出てしまってるようで、姿勢があまり良くないみたい。背中が固まってるからそうなっちゃうのではと。
呼吸しながらストレッチしたり、先生にまたマッサージしてもらいました(ウヒヒ)


先生:黒鍵の音がモヤっとしてますね。左手だけでどうぞ。

すぐストップ
始まりの音もモヤモヤ。ひとつひとつの音をゆっくり弾いていくと、どうも指が弱いみたいです。

手を膝に置いて、各指の第二関節をサッと曲げる(指の独立)

滑らせずにサッと曲げて元の位置に戻す

うう~。どうした、左の小指っ!?
動きがガクガクだし、思うように動かせません。

先生:指を動かすための筋力が発達してないんでしょうね~

左の小指なんて「指切りげんまん」でも使わない、超ナマケモノだしね

もう一回弾いてみると少~しマシな音にはなったけど、いろんな練習をするように(いわゆるハノンの練習)
音階は慣れもあるし、まずひととおり弾いてみるということで次はへ長調とニ短調。


【シンフォニア2】
先生:とりあえずなんとか弾きましたって感じですね(おっしゃる通り)
ここからどう弾いていくかです。…(長い沈黙)…。

聞かせた方が早いと思われたのか、途中まで弾いてくださってからもう一度。

先生:さっきよりは良くなりましたけど、もっと出していっていいと思いますよ。

半分余談みたいにバッハのレッスンについてのお話になったんですけど、レッスン方法はひたすら理詰めだったり感性重視だったりと様々で、感性で弾きたいのに理詰めの先生だと苦しいし、逆でも同じ。そういうのが先生との相性が合うかどうかということではと。
「例えば理詰めのレッスンだと」と冒頭部分をアナリーゼしながらやってくださって(2小節の3拍目(でいいのかな?)を二つの和声と捉えるか、それとも経過音と解釈するかで弾き方が変わってくるみたいな感じ)、受験生ならそうやってやるんだけどメカニックができてるのが前提。でも「全てわかってそのとおりに弾いてます」という演奏はナンセンスだと思うと。
歌のように感じて、流れ良く聴き手が心地よく感じて飽きないように、「ここに来たらこうする」ではなくて自分から仕掛けていくような気持ちで弾くようにしてはどうかとお話しされてました。

先生のアナリーゼのスピードは私には早すぎたし、わかってないから全然ついていけなかったけど、一度自分でもトライしてみるべきか…
先生は「こう弾きなさい」と細かくいうのはなくて、基本を押さえたらあとは自分で考えて表現するようにというご指導なんですが、私は知識も感性も乏しいのかインベンションもシンフォニアもどう弾いたらいいのかわからないんです
バッハさんを好きになれないのかなぁ?
(これって告白されたりつきあったりしてないくせに「アタシ、カレのこと好きになれないのかしら…?」みたいな勘違い発言っぽい。笑)
まずしっかり練習して弾けるようにならないと、好きも嫌いもないですね~



【幻想即興曲】
中間部を弾いてる時に何度か「鼻で息して」「吐いて」と。その度にハッとしながら鼻息をフーンとするんですけど、ついつい呼吸が浅くなってしまいます。「肩から弾くように」とも言われました。

保育士の生徒さんがボイストレーニングの呼吸法を一週間真剣に練習してきたら声のトーンが変わったらしくて、呼吸もラクになったと言ってたそうです。私も教わったんですけど、ヨガ教室でやってた呼吸法によく似てて、みぞおち(ヨガだと丹田)に力を入れてゆっくり体内の空気がなくなるまで息を吐いていくと、息を吸わなくても弛緩した時に自然に空気が入っていくんです。
肩コリもひどいし、またヨガ教室に行こうかな~。でも仕事があるから習い事ふたつはキビシイし…(今日はウダウダが多いな。えーい、ハッキリせよっ!)


↓大きく1拍、2拍。小さく1拍、2拍。

私が弾くと1拍目より2拍目が短くなっちゃう。
2拍子だから逆。バスの音も1拍目の方を大きく。

先生:リセットするために、ずっと同じテンポで表現しないで弾いてみてください。一度そうやって基本に戻す練習も必要です。ずっと弾いてると我流になってどんどん崩れてしまいます。基本があって、それから崩していくんです。
(ハチャメチャだったんですねー

先生:中間部のバスがなってません。音の大きさはメロディ、バス、内声だけど、大事なのはバスです。メロディ付近の音しか聞けてないようですけど、それでは普通の人と同じです。(←私は思いっきり普通の人だな)
自分はバスの位置で歌いながら、他の音を見守るような気持ちで弾いて。



先生がコンサートに出演されるので来週はお休み。朝の9時から夜の9時まで10時間練習されるそうで(体力が続けばもっとやりたいらしい)、練習でいろいろ試すのが楽しいとか。私は1週間の練習時間を全部足しても10時間にはなりません
仕事ならそれぐらい働くことは普通だけど「一刻も早く帰りたい。うー」という感じだし、ピアノは楽しいけど寝食を忘れるほどではないし、私には心の底から打ち込めることってないんだなぁ。。。と少し寂しい気持ちになりました。



ブログ村 ピアノ


スポンサーサイト
 ピアノレッスン | コメント(10)

週末の練習 9/21 音階が弾けない

2014/09/21
今週からハノン39番の音階の練習です。
今まで音階をちゃんと練習したことがなかったけど「音は単純なんだし、弾けるんじゃないの?」なんて軽~い気持ちだったんです。
しかし甘かった。甘過ぎた…


今週はハ長調とイ短調

テンポは♩=60~120
何も考えずに普通に弾いてみると♩=90ぐらい。でも指が余ったり足りなかったり。
テンポを落としてゆっくり指番号を確認しながら弾こうとしてもダメで、右手を見てると左がおかしくなるし、逆も同じ。

片手ずつ確認しながら弾いてその後で両手で合わせてってやると、右手は合う確率が多くなってきて、でも左手は足りないことが多い。(確率の問題か?笑)
じゃ、やっぱり片手ずつ楽譜の指番号に集中して弾くように…ってやってて、すごく遅いけど3日目にしてようやく自分のクセがわかってきたかもしれないです。

ハ長調の1オクターブ上昇の右手は12312345でこれは問題なく弾けるけど、でも2オクターブになると無意識に12341234…と続けたくなってしまう(下りは普通に54321321と弾ける)
これに気付いたので、ボーッとしてなければ右手は大丈夫。
左手も同じだけど、こっちは下りが12341234…となっちゃう。
なので上りは楽譜の右手の指番号を見て、下りは左手の番号を見て…って練習してます。
スケールって楽譜見て弾くものじゃないような気もするんだけど。うー

イ短調の和声的短音階は黒鍵が入ってるからか指番号で迷うことはありません。
旋律の方は上りはいいけど、下りがダメ。
白鍵だけって難しいんですねぇ。
それにどちらも音がビミョーに揃ってないけど、練習するうちになんとかなるのではと淡い期待をしてます(←まだ甘いことを)

そしてカデンツ、イ短調の下りが指番号のことでいっぱいいっぱいだし、しかも弾き終わりの位置から遠いし、まだ定着してないしで、
♪ミレドシラ~………(数拍の間)…ジャン、ジャン、ジャン、ジャーン
みたいな状態。

弾けないのが悔しくて、気がつくとここ数日ハノンしか練習してませんでした
こんなに弾けないとは思わなかったよー!!


ふ、ふ~ん…そうなのか…




シンフォニア2の右手トリル
楽譜巻末解説


解説本


あらやだ。同じことが書いてあったのね。ちっちゃかったから見るのめんどくさくて(笑)←ちゃんと読め
弾いてみたところトリルを3連符にした方が、音が減るから内声を弾くのに少し余裕が出るっぽいです(まだゆっくりだけど)
でも奇数だと頭の音が違ってくるから、慣れるまで大変かも。。。
始まりの音は上の音からか。インベンションもそう弾いてたっけ??


このままではハノンのせいで他の曲が練習できなくなってしまう~
非常にまずいです



ブログ村 ピアノ
 ピアノ | コメント(2)

歯みがきチェック!

2014/09/21
こんなの買いました。

歯みがきチェック「ピンク液」
(これは青いけど)

ブロ友のSleepingさんがお子さんの歯みがきチェックに使ってると書いてらして、私も使いたくなりました(笑)
私も子供の頃、母に赤く染まる錠剤でチェックされました。今は液体タイプなんですよー!みなさんご存知でした?

アマゾンで買おうとしたんですけど送料かかるし、まとめ買いするものがあればついでに…と思ってたんですけど、東急ハンズで見つけたので購入。

隣りに錠剤タイプも売ってたので、今でもいちおう存在するみたいです。でも錠剤タイプはお口の中が真っ赤っかになるでしょー?昔からアレがイヤだったんですよ。


ほほう。歯ブラシに付けて塗るのね。
これは古い汚れは紫に、新しいのは赤に染まるらしいので、その辺りの確認も楽しみでした。

まず、いつも通りに歯みがき。

歯ブラシ職人の自信作「極」
たまたまドラッグストアで売ってたので使ってみたら、あら、磨きやすい
少し前にアマゾンでまとめ買いしたんですけど、色が選べなくて…白とピンクのはいいけど、なんでこの色なんだ?
金色っぽいけど、ビミョーに違うような色合い…

リップクリームを塗ってから使うとクチビルに付いた液が落ちやすいと書いてあったのでヌリヌリ。
ではいざ…!


青い歯ってブキミですね~
お歯黒とか正気の沙汰とは思えないですよ、ホント。


クチュクチュペッ!!




ガビーン(←なんだこの表現)

もう大人だからちゃんと磨けてて染まらないと思ってたのに…
なんだ、この色は。
歯の表面は染まってないけど、歯ぐきの間と歯間がバッチリ染まってます。しかも紫!!
つまり古いヨゴレってことか!

こんなかんじ

↑写真を撮ってここに貼る勇気はなかったのでイラスト

よく見ると前歯の裏もピンクのところがチラホラ。ここは新しいヨゴレか。


大変なショックを受けつつ、もう一度磨き直しました。でも普通に磨いてもなかなか落ちません。だから古いヨゴレになってるんですね…
親知らず用に買ったピンポイント歯ブラシでひとつずつ磨いていきました。

↑これ。使用後は載せるのが憚られるので画像をお借りしてきました。

そのあと歯間ブラシとフロスを使うと綺麗になりました。

最後の仕上げ

ウォーターピック
ジェット水流で歯ブラシが届かないところをキレイにするやつ。面倒で使用頻度は週一回ぐらいだったけど、頑張ってもう少し使うことにしよう。


やっとツルツルピカピカに!
私には衝撃の結果だったけど、クセになりそうです



ブログ村 ピアノ


 日常 | コメント(2)

夏の終わりのバジルペースト

2014/09/21
だんだん秋の空気に変わってきました。


緑色が薄くなってきたバジルさん

そろそろバジルも終わりです。毎年恒例のジェノベーゼペーストを作ることにしました。


刈り取り~


下の方の葉は色も香りも薄いので処分


よく洗ってサラダスピナーで水分を飛ばします


ニンニク。作りながら使う量を決めます(いつも適当)


オリーブオイルとぽとぽ~


セット完了!カビが生えやすくなるので、今年は松の実とパルメザンチーズは入れないシンプルバージョン。


ブォーン


少しずつ材料を足していきます。まだ粗いな。


うむ!これぐらいでよかろう
いい香り


瓶に詰めて、空気に触れないようにオリーブオイルでフタ…

………。


………しまった
塩コショウを入れるの忘れた!ああもう、私ってばいつもいつも…

し、仕方ない。上からかけておこう。
フタして振ればきっと混ざる…はず



完成!


瓶に入り切らなかった分は今日使います♪ なんにしようかな~



ブログ村 ピアノ

 日常 | コメント(2)

レッスン51回目

2014/09/19
朝晩少しずつ冷えるようになってきましたね。帰り道が肌寒い~

【ハノン38】
オクターブの音階です。今週小学生の生徒さんがハノンデビューをしたそうなんですけど、下りの途中で疲れちゃって混乱してしまうそうです。私もこの曲の途中で少し疲れちゃうんですよね。

先生:テンポは今のだと90ぐらいですね。だいたい良いとは思いますけど…(←前置き)
弾いてる時に少し手首が上下に動いてますね。

:鍵盤が重いんです~


先生:鍵盤の底まで弾き過ぎてるからだと思います。底が10ミリだとしたら、7~8ミリぐらいのところで弾けばいいんですよ。自分では物足りなく感じるかもしれませんけど、音量は十分に出てます。音質が違うんです。

ピアノのハンマーをイメージすると、底まで打鍵する時ともう少し浅いところをスピードで打鍵するのとでは音が違うのはわかるはず。後者は澄んだ明るい音になる。
その時やってる曲によってハノンの弾き方を変えるといい。

先生:ではもう一度。「ホントは体重50キロだけど、私は40キロなんです~」って歩いてるイメージで。(←リアルに想像しちゃって大笑い)

7~8ミリをイメージしながら手首の送りを注意しながら再度弾いてみると、おや?鍵盤の重さが気にならないぞ
こうやって弾けば疲れるはずがないというのも納得できそう。

「鍵盤もペダルも底まで踏まなくても」という先生の言葉にハッとしました。どちらも踏みしめがちだ…!


ふっふっふ次回からスケール

先生:スケールは普通に弾いて練習していけばいいと思いますけど、特にカデンツをしっかり練習してください。カデンツのペダルは好きに付けていいし、つけなくてもいいです。
それから短調なんですけど、どれぐらい知ってます?

:学校で教わりました。ほとんど忘れちゃったんですけど3つぐらいあって、自然と旋律…上りがシャープっぽいやつ?(←「長調」と言いたかったのに、なぜ「シャープ」?)


だいたいこんな話(私の脳内を通すと、こういう残念なことになる)

和声的はカデンツのスケール版。7度と8度の移行が全音だとしっくりこないから半音。曲の中では出てこない。(ちなみにカデンツの音の鍵盤を全て押さえていくと、オクターブ全ての音が埋まる)
カデンツで調がわかる(…のか??私?)

旋律的なのは、上りはやっぱり7から8は半音にしたい。そうすると6から7の間も広がってしまうから、ここも緩やかにするためにちょっと上げとこ。でも下りは「まあ、いっか」ってことで自然のまま。

こういうのって昔から咄嗟に出てこないけど、でもこれからまた勉強すればいいもんねー!


【シンフォニア2】
バッハさんはしばらく旅に出てました
いつだったか、たしか前回のレッスンの直後ぐらいだったと思うんですけど、録音して聴いてみたんです。そしたらあまりの下手っぶりに「なんじゃこりゃー!」とすっかりイヤになっちゃって
でも最近涼しくなってきたので(季節は関係ないかもしれないけど)、だんだんこの曲を弾きたくなってきたんです。ということで今週から練習を再開しました。


弾く前に…
バッハも人間、きっと恋もしたはず。ただ表現方法が当時と今は違うだけ。
音を和音で捉えて、ひとかたまりずつ高低と強弱を表現。
7度に注意。

音の高低差を表現するために音が広いところは少しノンレガートっぽくしようなんて思いつつ弾き始めたんですけど、すぐにただ弾くだけでいっぱいいっぱいに。たくさん間違えるし、2ページの曲なのに長く感じました。

先生:そんなにヘンじゃなかったですよ(←?笑)

ヘンな様子だったのか??
確かに下手過ぎて途中から弾くのがイヤになってたんだけど…

先生:この曲はc mollなんですよ。ベートーベンの運命もc mollですけど、この調は悲しみや諦めという感じじゃないですか? (私は調性オンチなのだ)
もっとレガートで重々しく弾いたらどうでしょう。16分音符も軽やかに弾いてしまうと軽くなってしまいます。少し重ねてレガートで。

先生:ピアノ以外ならどの楽器で演奏したらいいと思いますか?弦?オルガン?木管?三声それぞれの音をイメージしてみてください。
その中でバスは土台。一瞬バスがない箇所もあるけど、そういうところは土台がないことによる「不安定さ」「不安」があるのでは?

ほほう。なるほど~(言われないと気付かない)

アルトのこの音

右手で取ってたけど、次の音に移動する時にペッ!てなっちゃって音質が変わってしまってるので、左手で取った方がいい。ちゃんと同じ音になるように。


右手のトリル

ええ、意識せず適当に弾いてました…
私は8分音符ひとつに対してトリル4つで弾いてたようで、それでも悪くはないけどソプラノのトリルに気を取られて大事なアルトの旋律が出ていないから、弾き方を見直すべきではと。解説本には8分音符ひとつに3つの譜例が乗ってたので、レッスンでこちらで練習したんですけど混乱。始まり方と終わり方も適当だったので、おうちで本を読んで練習します。こういうところも雑…


左手のトリル

とにかくうるさい。
手がバタバタしないように意識してるけど大暴れ。しかも主音より1の指の方が大きくなってしまいます。どちらかと言うと2ー1より3ー1の方が弾きやすいけど、いっそ2ー3とかはどうだろうか?

先生:さっきのハノンみたいに鍵盤の浅いところで、それと鍵盤も上がりきらなくてもいいんですよ。
音は弦楽器のイメージで。

白鍵に鉛筆を乗せてみて、鉛筆が跳ね上がるようでは
弾きながら位置を変えたり、先生と一緒に練習してみたんですけど、親指どころか人差し指も中指も不自由
どうなってるんだ、私の指は~


【幻想即興曲】
今回は最終ページだけです。

まずここのppから(左手のみ)


私が弾くと情緒不足

先生:あたたかみのある音を出してください。

先生の弾いてるのを観察すると、重さを上からじゃなく横から関節を使って移動させる感じに見えます。
私の腕の上で実演して下さったので真似っこしてみるけど、音が違うんですよ。何度かやってみて少~し近づいたような気もするけど、再現できる気がしません。左手だけだし、こんなに音が少ないのに

先生:例えば右手は静かな海の波、左手は沈む夕日なんてイメージもいいですね。

先生:次はここを両手で、ペダルなしで。

シンフォニアのトリルでやったように、出来るだけ主張しない音で弾くって、これも同じように弾こうとしてるけど、もー!!


最後の和音

音の横の繋がりを感じて。
上の二つの音(dis、his)からcisへ、このcisは音が二つ重なっている。
gisのタイの音をしっかり聞くように、左手のオクターブ下のgisとの倍音の響き。
ペダルを上げる瞬間の音の余韻は夕日が沈んだ瞬間の光のように


コーダの始まり

先生:エチュード25-3は知ってますか?ここの音形に似てるんですよね。

ここの練習方法は、
エチュード3番風に音を3つにして弾く→オクターブのところを和音でとる(5にアクセント)→音の繋ぎ目のところで区切って弾いてみる など

ここも手首の送りが大事。指、手首、全ての関節を使って欲しい音を作っていく。

エチュードの話から
先生:ショパンはレガートが大事です。エチュードでもしつこいぐらいレガート、レガーティシモって書いてあります。黒鍵もみんなパラパラ弾きがちですけど指示はレガートですし、革命もレガーティシモです。25の2も幻想即興曲に似てますけどやっぱりレガート。だから幻想即興曲もレガートで弾くんだと思いますよ。


課題がいつも以上にてんこ盛りになっちゃいました。練習がんばります~




ブログ村 ピアノ





 ピアノレッスン | コメント(0)

レッスン50回目

2014/09/12
おお、もう50回目なのか


先週はお休みだったので、2週間ぶりのレッスンです。久しぶりのグランドは鍵盤が重たい

肩がガチガチに凝ってるので、弾く前に準備運動のつもりでグルグル回してると、肩口からミシミシと異音が…

先生:肩に手を置いて肘を回してもらえますか?…ああ、ココですね。ちょっと失礼。

先生が背後に回って、両肘を後ろに引っ張りました。

キエーッッ!!(悲鳴)

先生:チワワがないてるような声ですね(笑)息を止めないでゆっくり吐いてください。ゆっくり回しますよ。息を吐くとだんだん緩んできますから。
私はよくマッサージが上手いって言われるんですけど、ココにツボが…

あ~う~う~

まさかレッスンでマッサージとは(極楽じゃ)
お風呂でのマッサージ(ピラティスの先生に教わったとか)やピアノを弾く時の肩の使い方など教わりつつ、少しコリがほぐれたところでハノンです。


【ハノン36】
おおむねOK。どこか気になるところはという問いに、下降が弾きにくかったとお伝えしました。再度弾いてみると、左手を指だけで弾いているからかもと。古典ならこの弾き方でいいけど、ロマン派なら手首を使って「抜く」ように。どちらの弾き方もできる方が良いですよと。

抜くようにすると、重さは1→4→3→2と移動するので、4の指の支えが大事かもと思いました。レガートで繋げつつ前に進めるように弾くのも忘れずに。

37番はおウチでウォーミングアップの時に弾くということで、次は38番の1オクターブです。オクターブの繋ぎ目にも気をつけること。

【バーナム グループ3】
グループ3を全部練習してきたんですけど、今回は4まで。前回もみていただいてるし弾けるハズと思いながら弾き始めたんですけど、鍵盤が重いよぉ~

1.バスケットボールの練習(属七分散和音の上昇)
まず音が弱い。(わかってます~)
拍通りだけど、上昇する感じがしない。つまり音楽的じゃない。クレシェンドをつけて。
分散和音なのでまず和音で練習。そのあとリズム練習、片手で全部弾いてみるなど。「表現」ができるように。

3.なわとび(5度の和音)
和音になると音が弱い。歯切れよく、掴むように「なわとび」感を。

先生:ここまで来たんだからメカニックな動きも大切ですけど、音楽的に弾くようにしないとせっかくの練習がもったいないです。
それとゴマカシと言っては何ですけど、強弱をつけるとスケールも粒が揃って聴こえるんですよ。同じ音量で揃えて弾こうとする方が難しいし、無表情になります。例えばソナチネのコレとか(クーラウのだったかな?)とかね。

そういえばソナチネはそうやって教わったような気がするな~。
拍感についての指摘は以前より少し減ってきた気がするけど、そのかわり音楽的にという指摘は増加傾向。むむむ。


【幻想即興曲】
録音して聴いてみたらショックだったというお話をしました。

先生:本当にいい勉強になりますよね。ところで何で録ったんですか?

:グランド借りてレコーダーでです。

先生:今は性能がいいかもしれませんけど、携帯みたいな簡単なので録ると音を電子化する時に必要ないと認識してカットされてしまう音があるんです。だから実際の音と違うことがあります。

そういうものか…ノイズ扱いして取捨選択してたりね~。私の録音も「ノイズ(笑)」を省いた結果、あれでもかなりマシになってたりして


先生:今回はどうですか?

:左手の練習をしてきました!(←ドヤ顔?)

だって(ほんのちょっぴりだけど)絶対進歩したと思うんですよー!
すっ転ぶところは右手じゃなくて左手が弾けてないのが原因だと発見しましたし、今更だけど片手練習の効果は大きいと実感。
バッハさんのシンフォニアもちゃんと片手ずつ練習しなきゃとの境地に至りました(シンフォニア、全然練習してないけどね)
それとしーずうさんが教えてくださった「左手だけで弾いた時にメロディが勝手に浮かび上がってるぐらいまできちんと左手も表現」というのを目標に練習したんです。ていうか、ほとんど片手でしか弾かなかったし!(←え?)


先生:では左手を最初の2ページ聞かせてください。

左手だけなのに、どーして弾き間違えるんだっ!私のバカ!!

↑たいてい間違ってる方を弾いてしまう。そしてうろたえる。


それから両手で同じところをもう一度弾きました。

先生:これからは引き算です。音を聞けるようになったので(やった!)、あとは余分なところを引いていくことです。今はお料理の材料を全て机の上に並べたようなものです。音は全て並んでいるけど、立体感がありません。コンクールではないので、左手が少し転んでいるとかはそんなに気にする必要はありません。拍が自然で二拍子であればいいんです。

先生:左手だけ弾いた時から気になったのが、音のバランスとペダルです。

左手だけで今度はなるべく音を減らすように弾いてみました。

先生:ボンヤリした印象になるところはバスが出てないからです。
バス以外は輪郭がはっきりしないで溶けるように。…こういう練習(バス→その他の音を和音)をしてみましょうか。和音は限りなく引いて消しこんで…

先生:違います!よっこらしょと弾くのではなくて、こう(動きの流れの中で)弾くんです。
〈イメージ比較〉
私の弾き方:♪和っ音ー。♪和っ音ー。
先生の弾き方:♪和~音~、和~音~

先生:和声をよく聞いて、音が濁ってはいけないところはキチンとペダルを上げて。ペダルの踏み替えが甘いです。それにペダルは楽器次第ですから最小限で。


もう一度両手で。

先生:左手は溶けあうように、指を寝かせ気味で。それに対して右手は少し立てるようにして。これもバランスです。
歌うのは音の上昇。上昇を意識するだけでも変わります。語尾をクレシェンドしても、フワッとしても、ここには何も書いてないのでどちらでもいいんです。最初はクレシェンド、二度目は消えるようにみたいに変化をつけてもいいですから、お好みでお好きなように。
そのあとの上昇下降は記号通りに。


13小節以降の弾き方練習。いつもココの練習になります
アクセントの親指の落とし方は悪くないけどその後が良くない。委ねる感覚。
(先生の弾き方を見てると次の動きに自然に流れてるように見えるし、音も私より出てる)
17小節からの小指アクセント。私のここの弾き方も古典っぽいらしい。前にすくい上げるような動きにすると音が変わるのか。まだうまくできないけど。(次は古典やろうかな。古典っぽい弾き方らしいから、もしかしたら向いてるのかも)
フォルテ→ピアノの対比の瞬間はおウチで研究してくるように。


構成について
先生:絵画の世界では最初に濃淡の描き方を決めるそうですよ。ピアノでも同じで、表現として強弱の幅を知っておくことは大事です。フォルテの幅が広くなれば表現できる幅も広くなります。音量は出てますから、抑えるところも必要です。
例えばお経にも音楽性はありますからね。不謹慎かもしれないけど、お経を聞きながら音楽的に聞いてみたらどうだろうと思ったことがあります。お葬式で3人ぐらいお坊さんが来る時があるじゃないですか。これも3声なのか(笑)とか、盛り上がりはここでもうすぐ終わりとか、最後はリットでシメるんだなとか(←笑笑笑)
お経でもあるんですから、音楽としての曲は尚更です。ココも山場だけど、後半の一番大きな山よりは盛り上がってはいけません。持って行き方です。


ほぼ最初のページだけで終わってしまいました。先はまだ長いぜ…
(ステップのお話をするのを忘れちゃった。ちゃんと自分で調べて検討しなくては)




ブログ村 ピアノ


 ピアノレッスン | コメント(2)

PCメガネ

2014/09/09
PCメガネを買いました。


通称「ピーコちゃんメガネ」@職場

周りに愛用者が多いので私も買ってみました。
今はレンズが透明なものもあるんですけど、カット率は色付きの方が高いし、使うのは仕事中だけと割り切って、こちらを選択。


私は片頭痛と緊張性頭痛の混合型の頭痛持ちです。仕事中に頭が痛くなることがあるんですけど、原因は首・肩のコリと目の疲れ。このメガネでお目目を守ることができるといいな~。

使ってみた初日の感想としては、午前中はあまりありがたみは感じず。むしろ、薄いサングラスのような色のついた視界に違和感を感じて、透明タイプにすれば良かったと後悔。
でも夕方以降の疲れ目のショボショボ感は軽減されてるかも。よし、しばらく様子をみよう。



それとここ数ヶ月、週末の朝に頭痛が起こります。毎回必ずではないし片頭痛がひどい時みたいに動けないこともないけど、でも不調
ネットで調べてみたところ、同じような症状に悩んでる人がいるんですね。こういうのを「週末頭痛」とか「ウィークエンド頭痛」と言うそうです
週末頭痛について

こちらは特にこれという原因は思い当たらない。
平日と同じような時間に目覚めて頭痛というパターンからいくと、寝過ぎの線は薄い気がするし。でも痛みがおさまるまで横になって半日ぐらい寝てる現状では、結果として寝過ぎにはなるけど。
仕事のストレスはどうしようもないですからね。
なんとかやり過ごしてるうちに治ると期待しよう…



眼精疲労と頭痛に効くハーブティー
どうかなー?


ブログ村 ピアノ
 日常
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。