03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告

練習会&週末の練習などイロイロ

2014/04/29
週末に練習会に参加しました。
前回参加させていただいた「いいピアノを弾く」という趣旨のサークルで、今回もスタインウェイです。
ムハーッ
テンション上がる~

ただ参加するにあたって一抹の不安があって、自分ではあまり積極的に認めたくないんですけど、どうやら私は方向音痴みたいなんです。
しかも今回の会場は私が苦手とする私鉄沿線。この私鉄にはいつも苦い思いをしてて、路線図はわかり辛いし、あちこち行き先が違う電車なのに同じホームを使うという、行き先自己責任型(?)省スペース設計。乗り間違えた回数は数知れずで、絶対にこの私鉄沿線には住むものかと堅く誓っているぐらい、私とは非常に相性が悪い電車なのです。

でも乗り換え案内で自宅からの行き方はバッチリ下調べしましたし、電車も鬼門の本線(←電車界のラスボス級@私)ではなくて、地下鉄から乗り換えなしで繋がってる難易度の低いコース。会場の住所もスマホに登録したから駅からはナビでラクラクなはず。よしっ!!


ところがやっぱり迷いました!

最寄り駅から徒歩7分のハズなのに10分以上歩いてもそれらしい目印が出てきません。
おっかしいな~??
グー○ルマップさんはこの辺りだって言ってるんだけど…
会場の場所をもう一度チェックしなおして地図と見比べてみると、どうやら駅を挟んで反対側の様子。
もー!住所入れて確認したのになんでー!?
(まさか「知らない人についていってはいけません」がグーグ○マップにも当てはまるなんて…!!)

慌てて駅の方に戻って目印を探しました。グルグル彷徨って、徒歩7分の道のりを40分かけて到着しました。見つかって良かった~!


会場は普通の個人宅のようで、入口にこじんまりと小さな看板が出ています。ところが中に入ると小さいけどしっかりホールの作り。天井は高くて音響のためのナミナミもあって、高い窓から光が入って超ステキ




~ここから突然、前日のお話~

えーと、話が前後してしまうんですが、前日に少し時間が空いたのでご近所の楽器屋さんでヤマハのグランドピアノをレンタルしたんです。自宅の電子ピアノとレッスンでグランドを弾く感覚が違うのが気になってたし、音色なんかもいろいろ試してみたいというのがあったからなんですけど。なので、いつもはグランドをレンタルする時にはもったいない気がしてすぐ切り上げてしまうハノンやバーナムの練習も自宅のようにゆっくりやってみることにしました。
こうやって書くと、普段しっかり基礎練習をしてるように受け取れちゃいますけど、普段の練習での比重はわりと気まぐれです

やってみたところ、グランドで基礎練習をするとデジピよりアラが目立ちます。でもだめなところがわかるのが意外と楽しくて、ハノンとバーナムの練習も普段より熱が入りました やっぱり出来てないことが見えるのはいいのかも(この場合は「聞こえる」なのか)

その後で愛の夢を弾いてみました。自宅のデジピで弾く愛の夢は、近頃我ながら良くなってきたんじゃないの~と感じる演奏なのです。←ホント?笑
ところがグランドだと自宅で弾くより下手でした。同じように弾いてるつもりなのに、なんかダサい

ちょっとヘコんだけど、気を取り直して練習の本命ノクターン。ところがこれも超絶下手
まるでピアノから「音色?そんなこと、あぁた10年早くってよ。ノクターン弾きたいなんて図々しいのよ!ふんっ(←カカトで踏まれる)」と言われてるみたい
録音して聞いてみようと思ってたんですけどそんな気力も起きなくて、ただ疲れだけが溜まっていく…

そもそも鍵盤が重いから疲れるのよっ!
とも思ったんですけど、私が鍵盤が重いと感じるのはどういう時なのかとそっちの方が気になっちゃいまして、練習そっちのけでスマホでネットを見はじめちゃったりして…(集中力の欠如を物語りますね)

すっかりメッタ打ちにされたような気分になって、すごすごと帰宅したのです。


~ここからまた練習会のお話~

前日のヤマハはイジワルなヤツだったけど、スタインウェイ様は天使のように優しかった!!
音響がとても良くて響く場所だったというのもあるかもしれませんけど、本当に弾きやすかったし、タッチによっても音が変わってるのがよくわかります。
ああ、私、スタインウェイちゃんが欲しいっ!!(うわ言)

参加者は10名ほどいらっしゃってて、私が弾いたのは2回。(ノクターンと献呈)
ノクターンは私の中で練習と割り切って弾かせてもらって、途中止まったり弾き間違えたりしながらも強弱や構成はこんな風にやってみたらどうかなというのをなんとなーく試すことができました。(で、「流れが悪いんだ」ということがわかる)
献呈は弾けるかなと図々しくも錯覚して弾いてみましたが、結果は散々でした。しばらくこの曲は人前で弾くのを封印。もし弾くならしっかり練習してからじゃないと!
献呈じゃなくて、ノクターンをもう一度練習すれば良かったとちょっぴり後悔です。


最後は発表会形式
こないだのお披露目会のリベンジで愛の夢を弾く!と決めてました(それにこの曲しかマトモに弾けない)
課題はやっぱり緊・張・対・策
あと音色。

今回の参加者の方たちもハイレベルな方ばかりなんですけど、こういう機会に何度か参加させてもらってるからか上級者の間で怯んでしまうことは前よりなくなったと思います。でもやっぱり緊張はしてしまうのです。

それでも今回はお披露目会の時の半分程度しか緊張しなかったので、緊張してる中にも多少の余裕があって自分を観察することができました。

まず手の震えは強気の姿勢でカバーできるかと思ったけど、気を強く持つというよりあちこちに力が入っちゃってたみたいです。指先の冷えとかは温めたらマシになるのかと弾く前に腕組みしながら挟んでみたりしましたが、温めるのは有効みたい。いいぞ、いいぞ

弾いてる途中で呼吸が浅くなるので、意識的に息をゆっくり吐くようにしてみました。平常時のようにはいかないけど、多少は良くなるみたいです。ただヒョットコみたいな変顔になってたと思います(笑) 気づかれなかったかな??

緊張すると盛り上がりのところの左手の伴奏の音を外しやすくなります。多少のミスタッチが気になるほど完成度が高くもないからそこまで気にしないんですけどこれも程度問題で、ミスの頻度が高くなるとやっぱり気になってしまいます。

一番の収穫(?)はペダルに関してで、手の動きに気を取られてしまうと足の方の注意がお留守になってしまうのがわかりました。普段は手:足=7:3の意識ぐらいで、もっと足のことにも気を配れたらと思ってるんですけど、緊張時には9:1ぐらいになってしまうようです。ペダルが上手くいかなくて、その音を聞いてさらに動揺してしまうという負のスパイラル。だから普段からもう少しペダルのことを意識できると変わるんじゃないかなと思ったわけです。

メロディと伴奏の対比は、う~ん。どうかな~。できてなかったわけじゃないけど、できたと自信を持って言えるかというとそうでもなく…。でもメロディを歌う気持ちで演奏することはできました。

それと音色の方で、カデンツァのところと普通のところを変えて軽やかにというのは一応できたかもと満足。盛り上がりオクターブを豊かな音で出すというのは失敗で、鋭くて乱暴な音になっちゃったと思います。むずかしい~

以上で反省おわり


他の方の演奏を聞かせていただくのは勉強になるし、楽しいですね
それにいい環境でピアノが弾けるのも嬉しい
次回の会場もとても素敵なところのようなので、予定が合えばまた参加させていただきたいな



ブログ村 ピアノ
スポンサーサイト
 ピアノ | コメント(8)

レッスン34回目

2014/04/24
今日も「大人の人」と呼ぶおしゃまな女の子の後でした。しっかり者でとても可愛いんですよね~♪
さようなら~」と帰ったはずが「先生、ちょっといいですか?」とお母さん。

◯◯(女の子の名前です)が聞きたいって言うんですよ」

ん?何をだい?

ピアノを聞かせていただいてもよろしいですか?」

…………。

(みんなの視線が私に)

………ええーっ!!!
わ、わっ、わたくしめが弾くんですか!?

む、む、む、無理ですっ!…そうだっ、先生っ、先生が弾いてください!私も聞きたいです!」(ドサクサにまぎれて便乗おねだり)

全力で固辞してると、先生から今は新しい曲を始めたばかりだからごめんなさいねとお断りしてくださいました。
ああ、驚いたー!!
狼狽してひどく取り乱してしまいましたよ。

【ハノン21、22】
私:今週末は時間があったので、いっぱい練習してきました!

自らハードルを上げるようなナゾの宣言をして弾く私。はるか遠い昔、練習した時には聞いてほしくて「先生、私、たくさん練習したんだよー!」と言うおバカな子供でして、アラフォーなのに未だに同じようについポロっと言ってしまうんです。我ながらいい年してバカじゃないのかと振り返ってウンザリですよ。
ああもう、ばかっ、ばかっ!!
だったら結果を出せ、結果を!(←先生の心の声はきっとコレ)

先生:そうですね…練習の成果は出てますよ。

ムフッ(無理矢理言わせたんじゃないのか??)

先生:ところでこうやってプレーンに弾く以外に、どんな風に弾いたらいいと思いますか?

私:これはノンレガートと今より早く弾く練習をしました。

先生:他には?

私:あとは…やるならスピードや強弱を変えたり…リズムとか…(やってなかったよー!!)

先生:そうですね。上手くなる人はいろんな練習法を知ってる人、そして音をちゃんと聞ける人です。リズム練習は基本だしバリエーションも広くなりますよね。…弱拍のところ、音が少し流れてるのがわかりますか?弱拍は強拍へ送る音というのを意識しつつ、きっちり弾いてください。

21はとりあえずOK、引き続き来週も22です。
やはり弾けてなかったんですね

【バーナム グループ2の5~12】
これもいつものご指摘と同じようなことです。頭では理解してても実践できなくて…
しかも曲の終わり方がカッコ悪いとも。ええ、本当にカッコ悪かったんですよ。

先生:音階やこういう終わりの弾き方なんかで上手い下手というのはわかってしまうんですよね(笑)

スタッカートの弾き方で、私は腕の大きな筋肉を使って弾いてるそうです。この弾き方は迫力のあるスタッカートには有効だけど、指だけで軽くスタッカートするやり方も出来るようになった方がいいとのこと。それには指を素早く上にひき上げる力が必要。水平なものに指の手の甲側をつけて引き上げる感覚を覚えるといいそうです(その時に手前に引かないように)

手首を動かそうとして肘も大きく動かしてしまってるようなのですが、動かすという感覚よりも例えば小指側に力(重さ?)を乗せる→弾きやすいポジションに自然と動くことで手首が動く、という感覚だそうです(片足を前に出す時に腰をひねって体が斜めを向くのと同じ)
小さなスポンジのボールをピアノを弾くように指先でつまんで垂直に円を描くように手首をまわしてみると、明らかに左の方が円が小さいしイビツな形なんですよ。そうかと言って右もそんなに滑らかではないんですけどね。左右の動きがまだまだ硬いようです。

来週もグループ2の復習です。


【幻想即興曲】
最初の2ページだけみてくださいとお願いしました。

先生:リズムがはまってないところがあります。

膝を叩いてリズム練習です。このリズムをなんとなくわかってるような感じで弾いてたんですが、ずっと膝を叩いてるとふと右だけリズムが入ってくる瞬間があったんですよ!左右でタンタタタンッタタンと聞こえてたのが、右だけ4つ刻むのを感じることが出来て、その瞬間は「ふぉーっ」っと思わず鼻息が荒くなってしまいました(笑)←でもすぐ何処かへ行ってしまいましたけど
でもこのリズムについては私はそこまで気にしてなくて(気にしなよ…と自分にツッコミ)、音に出すと近いリズムで弾ける気がするんです。いったいなんでしょ?図々しくもこの根拠のない自信は(これも後日撃沈することになるんだろうか)

他には
左手のバスを効かせる。移動範囲を把握しておく。
どの音に向かって弾いているのか意識する。左右どちらも手首の動きが大事。
17小節のアクセントの場所が変わるところの親指は、そっと触れるように弾くだけでいい。
21小節あたりはもっと歌わせてもいい。
23小節からは響きで。ソフトペダルを使ってもいい。
35~36小節、確実に弾けるようゆっくりと。
36小節の最後の音はcis!(つい♯を落としてしまう)


まだまだレッスン以前です



【ノクターン16】
今日のレッスンでは、内声があるところは少しメロディを抑えめにして内声を目立たせるように、そして出来るだけ緩急をつけることを目標にして弾こうと決めてました。では、いざ…

(花の香りを吸い込む気分で)
♪~

先生:ストップ!フォルテですよ。そんなへなへなな音でいいんですか?

うっ…

先生:乱暴な音ではないんです。でもそんな弱々しい音でもありません。

先生:リズムに乗ってませんよ。最初の音を弾く前からリズムに乗って。

気を取り直してもう一度最初から。


全体的に左手がうるさいのが冴えない演奏の理由の一つ。バスは効かせるけど、特に右手の音域に近いところは左が強すぎるとバランスが悪い。(和音を弾いて響きを聞きながら)こういう溶けるような音で弾く。ここでは一つ一つの音をしっかり発音しない。
逆に右手が動かなくて左で進行する音は大事、ただこれもバランス(私の弾き方ではここもバランスが悪かった)

最初のf以降、しばらく記号は出てこない。どう弾くか? 盛り上がりまでの持って行きかたは?(すみませんーっ!)

右手10連符のところ、5つでキッチリ分けましたって弾き方になってるけど、ゆったり自由に歌わせて、あとで辻褄を合わせればいい。

半音階は(ちょっと忘れちゃったんですけどなにやらネガティブな単語不安だったか後悔だったか?)と言われてる。狭いところを動くには慎重になる、大股では歩かない。

最終ページの音。
この曲での最高音をどういう音をイメージしてるか。
4連符、5連符で降りてくる音は何かとても高価で貴重なものに触れるように音を出す。音の出し方、音作りも工夫すること。
曲全体を左手だけで弾いて音作りをしてみるのもいい。

最後のところを先生がこんな感じかなと弾いてくださったのが心にグッと来まして「もう一度、今のところ弾いてください!」とお願いして一つ一つ真似っこ。

一番低い音を深く響くようにさせて。
その後の音域が上下に開くところは「指がティッシュペーパーのように柔らかいものになったようにそっと撫でるように。
和音の音も深く。そのためには重みで弾くんだけど、弾く前にほんの一瞬ためらうというかためる瞬間がある。これは右手メロディで遠い音を出す時も同じような感じで、手は弾こうとしてるけど一瞬の間のようなものがある感じ。

でも最終的には弾き方に正解はないし、またどんな弾き方も正解だから、自分でどんな音を出したいのか良く聞いて研究するように。


他にも弾けてないことは多々あるけれど、音作りというお話になるとデジピでの練習の限界を感じます。レッスンで弾くと私がそういうのが出来てないのがわかるけど、おうちのデジピだとそうはいかないのです。ペダルもデジピは濁らないし響きも違うからレッスンで内心ショックを受けたり、鍵盤のタッチもどうしても違って、慣れるまで重たく感じて音が出ないこともよくあります。それに最初に音を出した時の音の大きさ(音質?)にも毎回驚くってどういうことなんだか
デジピでも上位機種は違うかもしれないし、弾き手によっては普段デジピでもそれを感じさせない方もいらっしゃるとは思います。ただ私は本当になってなくて…
もっと生ピアノで練習する機会を作るぞー!



ブログ村 ピアノ
 ピアノレッスン | コメント(8)

週末の練習4/20

2014/04/20
久しぶりに予定のない週末を迎えることができました。基本的にお休みの日には誰にも会わず、おうちに引きこもっていたいので、この週末を心待ちにしてました!「ひとりで家にいて、いったい何してるの?」と聞かれることがありますが、「週末限定引きこもり」にだって色々やるコトはあるのです。

今までの疲れがたまってるようなので「好きなだけ惰眠を貪ってやるんだ」という固い決意で休日に臨みました。ただ最近は年のせいかやたら早起きになってしまって、目覚めたのは朝6時。いつもと変わらないじゃないか…!
でもお休みの日には二度寝という贅沢が許されるのです。結局、二度寝どころか寝たり起きたり、起きてる合間には録画してあったテレビを見たり、ピアノを弾いたりして夢のような休日を過ごすことができました。ああ、幸せ

やっとフィギュアスケートの世界選手権を見れたんですけど、いやー、男子も女子も良かった!
で、ナゼかフィギュア見てるとピアノを弾きたくなる不思議。音楽つながりだからかしら。

2日間、時間はたっぷりあったのでゆっくり練習できました。
ハノンも1から20まで通して弾いてみました。左手の345を使うのはまだ指定の♩=108では出来ないけど、それでも音が揃ってないとかは多少大目にみて(←大目にみてはいけない問題な気もする)♩=90ぐらいなら通せるようになりました。
それに苦手だと思ってたのができるようになった代わりに、他のが弾きにくいと感じたりするのがちょっと意外。
でも始めた頃よりは指が動くようになった気がします。私みたいに指が動かない人には効果あるのかな~
引き続きがんばろっ

幻想即興曲は「思ってたより弾きやすい」と言いましたけど、あくまで私が生涯弾けないと思ってたことを前提にした発言です。
心配してたリズムは、左手アルペジオを自動演奏で弾くことで(そういう気持ちで弾くってことです)クリアできたと思うんです。でも右手が転びまくり。リズムがクリアできたのが嬉しくて、つい早く弾きたくなっちゃったけど、まずはゆっくり同じテンポで弾く練習をしなくては。どうやらアイツを召喚する時が来たようだ…(←実は久しぶりの登場だったりする)

出でよ、メトロノーム!!
(メトロノームって呪文っぽい響きの言葉だと思う)


指定テンポを見ると二分音符=84です。2分の2拍子だからアルペジオ1つを84…ぎぇー!早いっ!!

まずは半分ぐらいのスピード、二分音符=44で練習します(これより遅いのも弾きづらい気がする)

ところがやってみると意外とカウントしにくいので、四分音符=88にしました。二拍子じゃなくなるけど、ま、いっか。

右手の最初

ココの後半の音がハッキリしない

だいたいなんなんですか、この4の指を酷使する運指は! これに従うように何度も弾いたけど特に最初の4が全然しっくり来ません。ここが4の方が後半への動きがスムーズなのかもしれないけど、気がつくと3で弾いちゃってます

しかもここでpって何気に難易度高い気がするし。早い動きだと音も大きくなっちゃうし。fのところををもっと大きくすればいいのかな。…出来るのか??

ここも弾きづらい

また4の指。左手のアルペジオは3が使えるところは3で弾いてますけど、ここはどうやら4じゃないとダメみたいです。


またまた4!このパターンがこのあと連続3回も!
ここなんて後半は特に4の必要性を見出せません! 3に変更してやるんだからっ!(喧嘩腰)


しつこいけど4。ぼーっと弾くと123しか使ってない。ええ、これは私が悪いんです
(あらあら、画像が小さいですね)


出来るだけ書いてある運指に忠実にと思ってるんですけど、気がつくと勝手に変更しちゃってます。もー!
この曲も難しい~

中間部はやっぱり萌え
でも今は最初の2ページを制するのだ!!





ノクターン。
一応レッスンで先生に言われた解決を探してみたり。


面白くもなんともない画像(そして大雑把)


うーん、どうなんだろう?
内声と分けた方が良かったのかな(そしたらもっとあるのかな?)
というより、はたしてこれで合ってるんだろーか??

↓内声がハッキリ
ルビンシュタインの演奏
(YouTubeの貼り方って変わりました?埋め込み方法がわかりません)

レッスンで先生が仰ってたように左手には半音下がるパターンが結構あって、これがもしかしたらコーラスの合いの手みたいになってるのかもと、この演奏を聴いて思いました。

今日はこれでおしまい



ブログ村 ピアノ





 ピアノ | コメント(2)

レッスン33回目

2014/04/16
今日のレッスンは私のことを「大人の人」と呼ぶ(笑)幼稚園の女の子の後です。

「大人なのにピアノ習うの?」
「うん、習うよ

おしゃべりな女の子もかわいいな~

【ハノン20】
指が開く20番(苦手)。おうちの練習でなんとか克服したんですけど、弱々しかったようです。

左手は小指から始まるから肩甲骨を意識して音を出す(姿勢も注意)
和音を弾いてみて、重さを移動させるように手首を使う(左右の動き)
同時に上下の動きも使うと自然と楕円を描くような動きになる→拍感も出る(上に引き上げる時に弱拍になる)

もう一度、テンポを上げて弾くとかなり良くなりました。

先生はなにも仰らなかったけど、たぶん次は21番。


【バーナム グループ2の1~4】
だんだんバーナムも難しくなってきました。一応グループ2を全部練習したんですけど、時間の関係で今日は4番までです。


1.深呼吸(三和音のオクターブの転回)
ペダルなしで。
先生:弾いた瞬間にはもう次の動きを考えて。指も腕も重心の移動も、すべてが遅いです! 重心の移動はおへその辺りで。

2.歯磨き(左右の手で均等なリズムを刻む)
先生:リズムが乱れてます。口でリズムを取って…頭は振らないように(笑)

3.幅跳び(2オクターブの跳躍)
先生:左手の伴奏も最後まで保持してください。2オクターブの倍音です。

4.懸垂(34を保持したまま125で弾く)
ヘロヘロな状態で弾きました。
先生:指だけで弾くのがメカニックに鍛えるには一番効くけど、手首を使って弾くと少しラクに弾けます。


全然できてなかったし!


【幻想即興曲
週末に選曲祭りをした結果、幻想即興曲をやることにしました。思ってたより弾きやすいし(@私比)、中間部の音の響きも萌えます
超ボロボロ演奏なんですが、練習の仕方をお伺いするつもりで途中までみていただきました。

リズムは今の感じでいい。拍がズレても(クロスリズムだけど 笑)左手3、右手4の頭を揃えて修正すれば問題なし。

2分の2拍子がわかるように

いきなり早くせず、テンポを一定にして弾く(弾きやすいところはつい早くなっちゃう)

アクセントがメロディになってるところ、手首を使う

中間部直前の左手跳躍は上から落とすように

よーし、がんばるぞー!


【ノクターン16】
この曲がウンザリするほどひどい演奏で、弾き終わってからの沈黙の時間に「じゃ、そーいうことでっ!」と逃げ帰りたくなりました。(←どーいうことだ?)
あんなヒドイ有様を指導しなきゃならない先生が気の毒になってしまいましたよ。自分のことなんですけど。


先生:まず最初の音ですけど「突然出てくる」のではなく「既にそこに存在してるものを切り取ったように。既にあるものが見えるように」ようにです。弾いてみてください。

最初のはダメ
二度目は心の中で「花の香りが漂ってるのに気づく」ように弾いてみたらでした。

先生:なんていうか、魂を込めて弾くようにと言うんでしょうか。ただ指で弾くのではなくて…

(心の声:抜け殻のようなノクターンで申し訳ありません!!)

タメのようなものが足りない。音階は階段だから、6度の移動も6段の階段を飛ばす時のようにエネルギーが必要。
歌う時に、高い音は前や上に飛ばすように低い音は胸に響かせるようにするように、弾く時も同じ感じで。

メカニックのためには少し早く弾くように。逆に歌わせるためにはゆっくり一つ一つのニュアンスを聴きながら弾く。どちらの練習もするように。
あとペダル、音が濁ってる。


先生:構成を考えてください。曲全体の大きな山場、それぞれのフレーズの小さな山場がありますね。今日は大きな山場への持っていき方からです。

35小節のffまで
先生:小さく分けると26小節のpからですね。気づかれないように少しずつ少しずつ大きくしていって35小節のffで爆発します。エネルギーはどんどん高まっていってるけど抑えて抑えて、最後に爆発するんです。28小節と30小節は同じメロディだけど30小節には内声が入ってますよね。これが内部からのエネルギーです。内声で膨らんでいくんです。内声の音をしっかり聞いてください。

先生:4小節、8小節、16小節ごとで区切れるようになってますから解決を探してみるのもいいと思います。Es durだけじゃなくて、c mollの場合もあります。不安定な音は不安定なまま、「疑問」や「不安」のように感じたままにしておいていいんです。全部の和声をアナリーゼする人もいますけど、そこまでしなくても全体の構成を考えるようにした方がいいと思います。

先生:左手の伴奏もただ伴奏だけじゃなくてメロディが隠れてます。和音にならないところがアヤシイですよ。

↑こういうところ

先生:この曲、何人で歌ってるんでしょうね。そういうことを理解して弾くと演奏が深くなります。リストは「こういうのはこう弾きなさい」と書いてくれてるんですけど、ショパンは「自分で探しなさい」なんです。それこそバッハを深く勉強しないと。もう一度インベンションからとか(笑)←やだー

先生:内声はすべて語るように。装飾音もモーツァルトやバロックのように弾かないで、ニュアンスや雰囲気を出してもっと「ショパンらしさ」を出すようにしてください。ショパンはこういう音(半音の揺れる動きを弾きながら)で語ります。指だけじゃなくて手首を使って。(しかし今日は何度「手首」と言われたんだろうか…)


35小節の山場と54小節の山場はどちらもトリルで持っていってますけど、片方は高音部、もう片方は内声です。54小節の方は解決のための布石みたいな気もしますね。今日の私はそう感じましたけど、別の日にはまた違う感覚になるかもしれません。「弾いたら終わり」というような終わりはなくて、何度でも何年後でもまた違うんです。だからみんな弾き続けるんです。



やっぱりこの曲難しいです!!
先生に教わったことを踏まえて練習してみるつもりですけど、自信ないな



ブログ村 ピアノ
 ピアノレッスン | コメント(8)

王子様の魔法☆

2014/04/13
非常に痛々しいタイトルをつけてしまいましたが…大阪へキーシンさんのリサイタルに行ってきました。初の遠征です!

去年のある秋の日
(職場の昼休みにネットを見ながら)
私:あーっ!キー様(キーシンのことです)が来日するんだ! …でもどうせ東京か大阪なんだろーね。チッ、コレだから地方都市は…(ブツブツ)

同僚:えー?何言ってるの?私なんて毎年EX○LEのライブであちこち行きまくりだよ。今年は北海道だし、来年は埼玉。国内でしょー?大阪なんて近い近い

私:エヘヘ、そうかな?しかも日曜じゃないか♪(地方都市は平日開催が多い気がする) じゃ、行っちゃお(←早っ!)

と、すぐ影響を受ける性格の私はいそいそとチケットを取ったのです。


(以下、好き勝手なことを書きまくってます)

私にとってカツァリスが「初恋の君」ならキー様は「王子様」。たとえ仮にいくら昔の面影を失うようにブクブク太ったとしても、やっぱり王子様なのです(失礼)



シンフォニーホール


キー様

実は私はシューベルトのピアノ曲はあんまりゴニョゴニョなんです。聴いてみると美しいと思う響きは多々あるんですけど、ちょっととっつきにくいというのが正直なところ。
加えてスクリャービンも聴いたことがあるのはエチュードの1曲だけ。
私にとっては超難解なプログラムなのです。でもいいの

キー様のリサイタルではなんとプログラムは有料!お値段500円(税込)!!
買おうかどうか迷ったんですけど「どうせ大したことは書いてない。私は演奏を聴きに来たんだっ!」とグッと我慢
カフェでケーキセットを食べたかったけど「ここで誘惑に負けたらトイレの悪魔(頻尿体質なのです)と戦うことになる。飲み物はダメだっ!もちろんケーキだってダメ!(太るし)」とこちらも我慢
誘惑が多い~

席は2階だったんですけど周りをオジサマに囲まれてまして、タバコのヤニ臭さと共に何やら妙なニオイが… まさか、か、加齢臭??
こればかりは選べないけど、なんてこったい…

でもこのオジサマ達は例の有料プログラムを買ってて(お金持ち)席で読んでたので、後ろからじーっと目を凝らして見てました。


キー様登場
やーん、笑顔~(仏頂面で出てくる方がオカシイのに、笑顔なだけでテンション上がりまくり。どれだけ浮かれてるんだ、私は)

上から見てたせいか少し痩せたような気がしました。たまたまそう見えただけかもしれませんけど。

事件発生
シューベルトのソナタの途中で男性が怒鳴り声を上げたんです!何か言ってたようなんですけどよく聞き取れなくて、でもただもうびっくりしちゃいました!
でもキー様は何事もなかったように途切れることなく弾き続けてました。すごい集中力!

演奏とは関係ないこと その1
休憩の時にお客さんが何か平たいものと小さな包みをステージのピアノに向かって滑らせるように投げてたんです。調律師の方が気づいて拾ってたんですけど、あれはなんだったのかな? プレゼントなら預けた方がいいのでは…??

演奏とは関係ないこと その2
シンフォニーホールはトイレが少な過ぎます。休憩ではトイレ待ちの人たちが階段を降りて登ってもまだ続くという長蛇の列でした。私も並んでたんですけど開演5分前になってもまだ入れず、始まるギリギリに駆け込みました。なんでこんなことに…



演奏は圧巻でした! 特にスクリャービン!すごい超絶技巧でその中に繊細な音あり、爆音ありで夢中になっちゃいました。あんなすごい演奏を聴けたなんて、私幸せー!!


アンコール

英雄ポロネーズが本当に凄かった!!!
めちゃめちゃ盛り上がってみんな立ち上がって拍手
リストのコンサートもきっとこんなだったに違いないと思うぐらい興奮しました!

舞台に駆け寄ってプレゼントを渡してる人が何人かいて、一人の方は握手まで!
あーん、うらやましいっっ!!
今ならA○Bの握手会に行く人の気持ちがよーくわかりますよ。つい先日、同僚と“もし憧れのあの人と握手をしたら”という想定で「しばらく手を洗わないよね」「モチロン洗えない♡」「まずニオイは嗅ぐね」「うん、嗅ぐ嗅ぐ♪」と変態じみた会話をしたばかりですし。(同僚は美○憲一のディナーショーで握手をした後に手を嗅いだらすごくいい匂いがしたという私にはどうでもいい情報を提供してくれました)



完全にハートを盗まれて抜け殻のようになった私ですが、しっかり豚まんとシュウマイは買って帰りました



ブログ村 ピアノ

 コンサート など | コメント(2)

レッスン32回目

2014/04/10
今週は前回のお披露目会の痛手を少し引きずってたので、曲を弾かずにハノンとバーナムばかり練習してました。

【ハノン19】
おうちではかなり弾けたので自信満々で弾き始めたんですけど、鍵盤が重く感じます。途中で指がもつれてしまいました。

先生:2ー4の動きが苦手のようですね。コレできますか?

3の指を鍵盤に置いたままで2と4を動かします。うむむ、遅い、遅いぞ。

先生に言われるままに他の指のパターンも試してみた結果、「指の独立が出来てない」という結論でした。4の指を使う時に3の指の力を使ってるので動きが連動してしまうし、4と5も同じで4を使う時に5の指も上げてしまうという具合になっちゃいます。

先生:独立できると楽に弾けるようになるんですよね。私も左の3を動かす時に5も同時に動いていたんですけど、子供の頃ではなくて大人になって大学卒業してから独立して動くようになりましたから、これは筋肉と脳の関係なんでしょうね。

おお!今からでも間に合うのかな(期待)

5本の指を鍵盤に置いたままで1本ずつ素早く上げる動きをそれぞれ10回やるだけでも違うのでおうちでやってみてと。
他にも「どこでも出来る練習」として指の体操のようなのもやったんですけど、この練習、変なところに力が入っちゃっておかしな形になっちゃうし、プルプル震えちゃいます。

その後もう一度、ゆっくり目で弾くと、最初より少し動くようになりました。

次は20なんですけど、私は絶対苦手だと思うんです。事前にコツをお聞きしたんですけど、手首と肘の運び方らしくて、ああ、やっぱり手首が固いとダメなんですね。


【バーナム グループ1】
1~12までの復習です。
全体に言えることですけど、手というか重さの運び方が大事なようです。
特に左のアルペジオ(ドミソの3オクターブ上昇と下降)がダメでした。

来週はグループ2です。


【愛の夢】
今日で最後。
で、お披露目会の反省会。

弾いてみると相変わらずペダルは残念なんですけど、でも…なんで本番でこうやって弾けないんだー!

先生:やっぱり本番の後は安定しますね。

しかーし!
演奏が真面目過ぎる。もっと流れに乗って。6拍子を感じるように。
もう少し伴奏を抑えてもいい、聞こえるか聞こえないかギリギリぐらいまで。

24小節の音(響き)とカデンツァの音の変化。表現の差をつける。

盛り上がりのところ、ペダルのタイミングを合わせてもっと響くように。


ウットリと。指だけじゃなく手首を使う。


先生:今は余裕を持って弾いてますね。もっと弾きこんで本番は半分の力ぐらいで弾けるようになるといいですよ。あと2回ぐらい本番があるといいですね。
それとやっぱり呼吸ですね。
寝かせてしばらくしたら解凍してみてください。



次の曲について、アレコレ

献呈
これはきっと弾いたり弾かなかったりしてるうちに弾けるようになります
→ひとまずレッスン終了

ノクターン16
難しい曲。でも弾きたいなら持って来て
弾きたい!来週持ってきます。

幻想即興曲
先生のオススメ
指がパラパラ動く系(笑)
昔の憧れ曲(今の諦め曲)だったし、やってみてもいいかも(しかしあのリズムを克服できるだろうか)

シューベルトの何か
ソナタは長いから、即興曲?
そんなに好きじゃない。今のところあまり興味ないです。

ベートーベンソナタ 月光
良さそうですね
弾きたいです。でも3楽章が難しそう

ショパンのワルツ
ワルツが好きです。2番とか。
指の練習のためなら子犬? 昔弾いたけど当時も綺麗に弾けなかったし。


何にしようかな




ブログ村 ピアノ



 ピアノレッスン | コメント(4)

お披露目会

2014/04/05
今日はピアノ教室のお披露目会でした。
レッスンでの自分のピアノにショックを受け、朝早く起きてギリギリまで練習してました。
ハッと気付けばご飯を食べて出掛ける準備をする時間です。何食べようかと冷蔵庫を確認して呆然。

食料がない…

最近買い物に行ってなかったのをすっかり忘れてました。

冷蔵庫にある野菜…パセリ、大葉、春菊、アボカド
冷凍庫の備蓄米…既に食べ尽くした

野菜の微妙なラインナップについては、近頃健康のために朝ごはんにグリーンスムージーを作ってるからです。葉物野菜と果物をガーッとミキサーにかけるんですけど、なんか健康に良さそうですよね~

うーん。
困った時のパスタで、パセリのペペロンチーノ? いや待つんだ、狭い空間でニンニク臭を漂わせるなんてテロ行為になってしまう。
じゃ、スムージー?でもそんなもので3時間の長丁場を乗り切れるとは思えない。むむむ…

冷凍庫を探し回り、思わず快哉を叫びました。ひゃっほう!納豆があるぜー!
納豆の和風パスタに決定です。いそいそと作り始めたところで事故発生!!

納豆がパッケージから出てこないんです。カチカチに凍ってて、くっついちゃってます。力任せに取り出そうとすると、


破れたでもまだくっついたまま。

こうしてる間にもパスタは茹で上がっていきます。リミットは6分!さあ、どうする!?
レンジで解凍しようかと頭をよぎりますが、パッケージの素材が溶けてしまいそうだし有害だろうと却下。温かいものの上で溶かす?それってどこ?どうやって??

あーん、もう時間がないっ!!
一か八かだっ!
レンジー!!



有害?ダイジョーブ、ダイジョーブ


なんとか食事を終え、慌ただしく会場に向かいました。



会場にて

会場は個人の御宅のようで、普段はピアノ教室だけど時々貸しスタジオもやってるというところのようです。電車の都合で開場時間の少し前に着いたんですが、すでに着飾った子供たちと親御さんたちで人だかりがっ!

先生からは今習ってる曲を弾くだけのラフな集まりだとお聞きしてたんですけどー??
なんかめちゃくちゃ発表会風なんですけどー??

部屋は以前参加させていただいたサークルの練習会のような感じでしたが、照明を落としてスポットライトをつけたらやっぱり発表会!!
ギャー!緊張


最初は先生からご挨拶、それからステップやコンクールに出る時の立ち位置や親御さんの黒子のような動きの説明があり、プログラムが配られました。(これもまた気持ちを煽るモトに)
今回は先生がこちらに越してきて初めての会だそうです。次回は発表会を開くって…おお…おお…(すでに動揺しまくり)


小さな子供たちがピアノを弾く姿はとても可愛らしくて、見てて楽しいです。でも私も弾くんだと思ったら手は氷のように冷たくなり、体全体が冷えてきてしまいました。ピアノサークルだと周りの方とお話したりすることで少し緊張がほぐれたりするんですが、でも今日は親御さんがカメラとビデオを構えてて、そんな雰囲気ではありません。
休憩時間に背中にカイロを貼ったけど、緊張はとどまるところを知りません。

バイエルの部ではお二人大人の方がいらっしゃって少しホッとしました。
でもブルグミュラーの部には大人がいなかった!となると、大人は私を入れて3人か!ブルグミュラーにも大人がいるとおもってたよ~(些細なことで狼狽える私)

以前練習会でご一緒した方から「最近の子供たちは自分の出番が終わるとじーじばーばと一緒に帰ってしまうことが多い」と聞いてたので、密かに「みんな、帰れ~。帰ってしまえ~」と念じてましたがほとんどみなさん残ったままでした。

トイレ休憩を挟んで私の番になりました。ヒーッ!また手がまだら模様になって震えてる~
「別れ」は朝に練習した成果が出て「こんなものかな~」という出来。
愛の夢は大崩壊
音なんて全然聞こえなくて、手も足もガクガクしてペダルはメチャメチャ。息をしようと思っても、胸元を締め上げられてるようになってしまって浅い呼吸を繰り返すだけになってしまって…。中学生の時の発表会の心境(超トラウマ体験)そのものでした。100%の力を出してもイマイチなのに今日は20%ぐらいしか出せなくて、悲しくてやり切れない思いで、終わった時は顔が強張っちゃってました。
でも昔と違うのは「もう一度弾かせて。今度はもう少しだけマシに弾けるはず」と思うところ。昔だったら「もう止める!」ってなってたし、実際に一度やめちゃったんですけど、そこは成長したのかな。でも非常に落ち込んでます…


私の後は「子供たちの憧れ用ショパンエチュード」←勝手に命名
(たぶん音高の生徒さんは)ブルグミュラーの「乗馬」と「エオリアンハープ」を弾いてました。上手かったー!そのあとの生徒さんの「革命」も素敵でした。(ブルグミュラーはアラベスクで、最初に弾いてました)
ただ私がハンパなく落ち込んでたので、あまり演奏を楽しんで聴けなかったのが残念です。

先生は以前のリサイタルで弾いたという英雄ポロネーズと黒鍵を弾いてくださいました。英ポロは小さな手でも弾き方を工夫すればちゃんと弾けるというメッセージだとか。先生が弾くと同じピアノなのに響きが全然違って、ピアノが鳴ってるってこういうことかと。でもこの時もウダウダ落ち込んでて…(以下略)



大好きな愛の夢をトラウマ曲にはしたくはないんです。まだ録音もしてないけど(例の企画のヤツ)、他の曲も弾きたくなってきました。これって逃避なのかな??
これからどうしていくか、ちょっぴり迷ってます。



ブログ村 ピアノ


 ピアノ | コメント(4)

レッスン31回目

2014/04/04
週末にお披露目会があるので、仕事のお昼休みにレッスンに行って来ました。仕事の都合で前回のレッスンからほとんど練習ができなかったので、朝、出勤前に弾いた時はボロボロ。弾かないとすぐ退化してしまうんですね。それでもレッスンがあると思って1日5分ぐらいは弾いてたから(少なっ!)、辛うじてこの程度で留まったのかとも思うし。うん。(楽観的思考)


まず最初は連弾のブルグミュラー「別れ」からです。
この曲もおうちで1回しか練習できませんでした。本当に時間がなかったので…(心の中で言い訳)

先生:頭を振って拍を取ってますよ。

またか…またなのか…
頭を振らないように意識すると弾けなくなるのはなぜだー??

先生と合わせると、ある箇所で頭が混乱してしまいます。自分の出してる音以外の音の音域が自分のパートと被ると「私、この音弾いてないよ!なんで!?」という感覚になるみたいです(たぶん)

先生:片手ずつ合わせてみましょう

右手と合わせてみるとやっぱり混乱気味。でもアヤシイのは左手も同じでした! 私は昔から片手練習が嫌いでサボってばかりでしたが、いつもなんとなく音の響きを頼りにして弾いてるみたいです。そのせいか片手になると途端に迷子になってしまいます。左手を弾きながら右手の音を頭の中で鳴らして弾くと途中から2台目ピアノの音で混乱。左の音だけで(右手の音を頭で鳴らさずに)弾くと迷子に。

先生:拍を数えてますか?

私:…ハッ!(しまった。適当弾きがバレてしまった)

片手練習はきちんと拍を数えないとできないし。そうか、私に必要な練習は片手練習なのか。

ブルグミュラーで、しかも自分で選んだ曲でつまづいたのがかなりショックでした。
「大人でピアノを習ってても弾けない人はいるんだよ」という子供たちへの逆の意味での励まし、もしくは戒めになりそうです。う~。やだなぁ。



次は愛の夢です。

おそろしく下手でした。

私:…こんなんで人前で弾くなんて

先生:こっちのピアノ(いつもの)方が上手に聞こえるんですよね(笑)

お披露目会では左側のピアノを弾くようで、今回のレッスンでもそれに合わせていつもは先生側のピアノを弾いたんです。確かにピアノによって感覚は変わるけど、でも下手なのは承知なんだぜ…


最初の2ページの伴奏とのメリハリをもっとつけるようにとだけで(先生がサラッと弾いたのが美しくて、私とはダイヤモンドとウサギのフンぐらいの差があった)、あとは

いつもの自分以上の演奏はできないから上手く弾こうと思わないこと
間違えたとかここが弾けないといった細かいことは気にしないこと
進めるところは進め流れに乗ること
響きを楽しむようにすること
呼吸を気をつけること

というアドバイスでした。

30分はあっという間に過ぎてレッスンは終了です。

お披露目会、あんまり緊張しないといいな~





ブログ村 ピアノ


 ピアノレッスン
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。