10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告

ブログサービスの比較と感想 FC2とアメブロ

2013/11/30
FC2に引越ししてきて、少しずつ使い方がわかってきました(でもまだ初心者
長く続けてらっしゃるブロガーさん達には当たり前のことかと思いますし、そのほかのブログを使ってらっしゃる方はあまり興味のないことかもしれませんけど、アメブロと両方使ってみた感想を書いてみようと思います。
ブログの比較サイトにあるようなことは書けないので(わからないので)、細かいことはなしで単純に感じたことだけです。
(ここに書いた感想は全て私個人のものなので使用感などは個人差があると思います。また機能について間違った認識をしている可能性もあるかもしれません)


管理画面

↓アメブロ


↓FC2


(少し見ずらくしてます)

これはどちらでもいいです。でもアメブロの方が広告が多いかな。



ブログのデザインと設定・ファイルのアップロード
FC2のテンプレートはたくさんあるそうなんですが、アメブロの方がかわいいデザインが多くて探しやすいです。(自分で作るのはムリ
カラムの設定はアメブロ→デザインを決めてから設定、FC2→先に決めてからデザインを選択という手順。
↓アメブロ
アメテンプレート

↓FC2
FC2テンプレート



パーツもアメブロはドラッグして配置していくので直感的に操作できます。
FC2は文字画面での設定が多いので初心者の私ははちょっと戸惑いました。
アメブロは使いやすい反面、ブログに大きな広告が自動で入ってしまいます。FC2は非表示にできるけど、1か月以上更新がないと広告が表示されるようです。
記事の編集画面はどちらも同じような作りです。日付の設定などの設定はアメブロは簡単に変更できるけど、FC2はHTMLで編集をするから面倒です。
絵文字はどちらもかわいいのがたくさんあります。アメブロの絵文字の方が探しやすいです。
アメブロは絵文字を入力したときにそのとおり下書きに表示されますが、FC2は<img~というような長いテキストで表示されます。

FC2のいいところは自由度が高くて外部のサービスも使いやすいところです。ブロ友さんのリンクはBlogPeopleというサービスを使ってます(アメブロは対応してない)
音声ファイルをアップしようとしたときにアメブロだとYouTubeしか使えなくて、仕方なくDropBoxの共有ファイルのリンクを貼ったんですけど、FC2だと記事にプレーヤーを貼ったりもできるみたいです(ブロ友さんの記事を見てやってみたかったんですよ。まだやってないけど)

アメブロはアメ友さんとの交流がしやすいんですよね。お気に入りブログに登録するとブログの画面に反映出来たり、記事の更新を教えてくれたり(メールで教えてくれる機能もあるみたい!)、コメントした記事のコメント数が見れたり。
記事をアメンバー限定にして、アメンバーになったお友達にだけ公開することもできます。
このあたりの機能はとても便利な反面、アメブロ限定なので囲い込み方針がちょっと露骨な気がしますね。
FC2の限定記事はパスワード制なので、FC2を使ってない人にも公開できます。


スマホでの操作性
平日は自宅でPCを開かない私にとっては最重要ポイントです。
アメブロ、FC2どちらもスマホ用のアプリがあります。

↓アメブロ スマホのホーム画面
アメブロスマホ画面

長っ!!!

この画面で私が使うのはアメ友のブログの更新が表示される「チェックリスト」のみです。
PCの管理画面ではアメブロ以外のブログのリンク表示も下の方にありますが、スマホアプリではありません。
このホーム画面から「アメブロ」の画面を開いてブログの編集をします。

↓アメブロの「アメブロ」画面
ameblo繧「繝。繝悶Ο逕サ髱「_convert_20131130140429

この画面の作りはいいと思います。というよりこのページだけでいいのに…
ここではブログを書く機能のほかにコメントの管理や、アメーバブログにコメントした記事の更新情報が見れます(アメブロ以外には冷たい対応)
アメブロはスマホのブログのデザインは、スマホでしか編集できません。



FC2のスマホ画面はとてもシンプルです。

↓FC2スマホ ホーム画面


シンプルの極み! そっけない画面です。
ここでアカウントを選択します。



スマホでの記事の編集画面はパソコンと同様アメブロもFC2も同じような作りで、機能の大きな違いはないです。絵文字も対応はPCと同じでFC2はテキスト表示です。
ただ写真の編集はFC2の方が機能が多いです。アメブロは色と回転の編集、大きさは正方形への変更のみですが、FC2はそのほかにもぼかしたり、スタンプ、文字、サイズの変更もできます。
アップロードのデータ容量も違うようですね。FC2は5GB(最大10GB)アメブロは2GBのようですけど、そんなに使うことがあるんでしょうか? でも多いに越したことはないし。

FC2ブログのアプリで不満なのは、コメントの返信ができないこと!!
これはスマホ派にはとても不便なんです。
FC2はスマホからのコメントの返信は絶対に対応してほしいですね。


両方のいいところだけを集めたサービスがあればいいのにな~



ブログ村 ピアノ
スポンサーサイト
 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

レッスン17回目

2013/11/26
【ハノン7,8】
最初に、早く弾けるようにということで練習はしてきましたけど、これが精一杯ですと前置き(言い訳?)してから始めました。

先生:弾けているんですけどね…でもやっぱり問題は左手ですね。左だけどうぞ。
次に両手で合わせてください。この時に左の音を聞くように弾いてください。
そうです。今のようにですよ。

先生:音楽を学ぶ人には、皆が聞かないようなところを聞くようにと教えるんです。普通の人は一番上の音のメロディに気を取られがちですけど、伴奏や内声を聞いてこそ理解していい音楽ができるようになります。

先生:拍を取る時に頭が動くのが気になります。ついやってしまいがちなんですけど、拍を感じるのはお腹、丹田の辺りです。
これは自分で気づいて意識しなくては直りません。鏡の前で弾くか、録画して、自分の姿を見ると直りますからね。


これ、前も注意されました~
一度鏡を置いてみようかな。
でも、お腹で数えるってどういう感覚なのかわかりません。

先生:そうですか。だったら足で数えた方がいいです。頭はダメです。自分で手に余計な動きを与えてしまって、音が揃わなくなる原因を作ってしまいますから。

先生:20まで進む頃には苦手な動きもわかるようになってますよね。その時には1から20まで、どこでも同じように弾けるようになれるといいですね。

来週は9,10です。


【バーナム グループ1】

先生:和音が良くないです。
上から押さえつけるのではなく、掴むんです。具体的には手首の力を抜いて、引く瞬間に指先を立てるようにすると、結果として手全体が少し前に動くようになる感じです。
手首が固いんですよね。


鍵盤に指先を置いて、手首をぐるぐる動かすようにします。この時の感覚を覚えるようにするそうですけど、なーんか、動きがぎこちないんですよね~

先生は他にも何か言いたそうなビミョーな表情をしてらっしゃったような気がしました

来週はグループ2です。


【献呈】
今年はこれを目標にしますとお伝えしました。

先生:ノクターンよりはこちらの方が音楽的にはわかりやすいですしね。


今週は1ページずつじっくりでした。
メロディの出てない音を一つずつ指摘され、音の出し方を教わります。
大半の音が出てないので、ほぼ全部の弾き方にダメ出しです(泣)
最初の1ページの主題(シューマン)は、音を出すところで一息入れる感覚で弾くように、弾く前に一瞬、手を弛緩させて瞬発力で弾く。


先生:まずメロディだけを好きな指で音楽的に弾いてください。

先生が伴奏を弾きます。伴奏はかなり抑えた音ですけど、それでもメロディは伴奏よりも音量が必要です。私が思ってたよりも音量がいるみたい。
「音楽的に」というのもクセモノで、いかに今まで棒弾きだったかを思い知りました。

このメロディを今度は小指だけで弾いて再現するようにするんですけど、小指だけだと物理的に音を重ねて弾くのは不可能。それを補うためにはひとつひとつの音の強弱を再現するそうです
これはまだまだ無理なので、先の課題です。

2ページ(リスト)も同じ。
最後の和音のアルペジオが遅いからもっと早く。直前dim.なので、ここはフワッとした音で、でも最高音はキラッと澄んだ音。

3ページの第二主題(シューマン)の和音は溶け込むような音で。最後は急がないで、rit.になってます。

リストのところ、左手交差してメロディを弾くところは上からストンと落とすようにすると音が出る。アッチェレのところは流さないでしっかり弾く。ここから以降、指だけで弾いてるので手首をもっと使うようにする。和音で弾いて手首の位置、動きを覚えて、そのあとで分散させて弾くように。
4ページ(リスト)、和音のメロディの音をもっと出す。
6ページ(最後のリストのところ)、アクセントが逆になってるところがある。

曲の全体的に手首の横の動きをもっと使うこと。


ほとんど全ての箇所がダメで、この曲を弾いてるうちに頭が痛くなってきました。
やっぱり年内は無理じゃないですか~?

先生:(苦笑)今はまだ強弱もゼロ状態ですからね。
まずメロディが出るように、これが大前提です。それからバランスを見て音楽的にしていくんですけど、ここからは完成形をしっかり思い描いて練習しなければいつまでたっても弾けるようにはなりません。この曲はシューマン=リストだからまだシューマン要素は薄いですけど、それでもシューマンですからね。


有名なエピソードらしいんですけど、シューマンはクララに曲を弾いてもらうんですが、クララはシューマンが思い描くようにはなかなか弾いてくれないので、楽譜に細かく指示を書いたそうです。だからシューマンの曲の解釈というのはほとんど一通りしかなくて楽譜に書いてあることをただひたすら再現するようにしなければならないそうで、音大や演奏会でシューマンを弾くという時にはシューマン専門の先生に習ったりするとか(えー!)

音高の生徒さんが今度コンクールでシューマンのアレグロという曲を弾くそうで、レッスンで1時間かけても1ページも終わらないと笑ってらっしゃいました。アレグロって有名な曲らしいんですけど(知らない)、とにかく難しそうな曲でしたよ。

私、シューマンの曲は弾けなくてもいいです(笑)

先生:シューマンっておかしな人ですしね。

あ、やっぱり?

先生:シューマンの子供向けの曲でお人形の曲があるんですけど、途中から短調で「なんかお人形の首が取れちゃった~」みたいな曲なんですよ。 え?ここの和音これであってるの?っていうのもありますし、私にはなかなか理解しがたい人ですよ。できれば避けて通りたい(笑)


先生:献呈は油絵を描くように、少しずつ何度も重ねて立体感を出すように練習してくださいね。ゆっくり時間をかけて作っていくのも楽しいですよ。


年内は…やっぱ無理??



ブログ村 ピアノ
 ピアノレッスン | コメント(2) | トラックバック(0)

ブログの引っ越し(受け入れ側)

2013/11/23
FC2での初めての投稿です。
昨日アメブロからお引越ししてきたんですけど、まだ使い方がよくわかりません。


↓以下、アメブロからお引越しのお知らせの記事コピーです↓




突然ですが、ブログを引っ越すことにしました。
7月にブログを始めて約4か月、アメブロにお世話になりました

全くの初心者だったので、ブログサービスを選んだ基準は
①初心者でも簡単にできること
②スマホから記事の編集等がしやすいこと(平日はほとんどPCを開けないので)
でした。

最初に思ったとおり、アメブロは初心者にやさしい設計でわかりやすいです。

でも…
芸能人ブログもゲームもピグも興味ないので、そのあたりの比重が多すぎるのがちょっと引っかかってました。
ほかにも広告の表示が大きくて、特にスマホで見てると、図らずもリンクを開いてしまって「わーーーーっ!ストップ~!!」となることも何度もありました。
アメブロ以外のブロ友さんを「お気に入りブログ」で表示できないし、「アメブロ以外のお気に入りブログ」に登録してもPC画面のマイページでしか確認できないし。そんな仕様にストレスを感じることもしばしば…基本的にアメブロ以外への対応が冷たいように感じるんですよね(囲い込み?)
音声ファイルなんかの添付も基本はYouTubeのみという制約の厳しさもあって、これはセキュリティ上仕方のない側面もあるのかもしれませんけど。


ただ、アメブロでお友達になっていただいたブロガーさんもいらっしゃって、それがお引越しをする上でかなり悩ましいところでした。
でもこのままアメブロを「なんだかな~」という気持ちで続けるよりは、早目にお引越ししてしまった方がいいかなと思ったのです。

お引越し先はFC2です。
FC2はブログを始めるときにアメブロと最後まで迷ったサービスなんですけど、難しそうだし初心者には敷居が高そうに見えたので断念したのです。
なのでお引越しをしても使いこなせなくて、また出戻ってくるかもしれません(笑)

よろしければ新しいブログにも遊びに来ていただけると嬉しいです♪




FC2ブログ、慣れるまでちょっと時間がかかるかも



ピアノですけど、年内の目標としては「献呈」にすることにしました。
ノクターン16の方がもっと好きなのでじっくり弾きたいし、それにショパンのノクターンは好きな曲が多くて他にも何曲か弾いてみたいと思ってるので勉強になるかなと思ったのです。

もちろん献呈も好きなので、いつかリストの憧れ曲たちを弾くためにもちゃんと練習したいと思ってます。
なーんて偉そうなこと言ってますけど、献呈も難しくて弾けないんですけどね~




ブログ村 ピアノ
 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

レッスン16回目

2013/11/19
【ハノン7,8】

先生おとめ座:やっぱり小指の音が乗ってませんね。もう少し腕の重みをかけるように意識して弾いてみてください。打鍵と同時に肘の筋の動きを意識できるように。

もう一度弾いてみます。

先生おとめ座:弾けてますね。今の感じです。ただ今は「ピアノ弾いてます」という感じになってますから、もっと「ハノンやってます」になるようにスピードをあげてください。早く弾けるようになると音量のコントロールが効くようにもなります。音量はスピードで出しますから。走る時にいきなり走ろうとしても無理だから、もも上げの筋トレから始めるようなものですよ。
ここには♩=108とありますけど、もっと早く弾いたっていいんです(笑)


ということで次はこれをスピードアップさせるのが宿題です。

世の中にはハノン一冊をどれだけの時間で弾けるか競う「ハノン選手権」なるものが存在するらしくて、ハノンが大好きというどこかのピアノの先生が優勝したそうです。
1冊あたり約1時間…ガーン
先生はハノンの全ての曲を弾いたことはないそうなんですが、最後の曲はなかなかドラマチックな終わり方をすると仰ってました。フィナーレを見ることができるのか、私。


【バーナム グループ5】
これもひととおり弾きます。
我ながら弾けてないな~という感想だったんですけど、個別に注意事項がありました。手首とスタッカートです。

先生おとめ座:スタッカートにキレがないですよね。次の音の準備が遅いんだと思いますよ。一つ一つを指でスタッカートにしようとしてますけど、かたまりで捉えて弾くようにしてみたらどうですか?
…うん、この方が音が良くなりましたよね。


バーナム1冊目はこれでおしまいです!


先生おとめ座:2周目しますか?

えっ??  えーーっっ!!!!

先生おとめ座:最初に出来てなかったことを忘れてることが多いので、みんな2周してもらってるんですよ。パッと楽譜を見てどこを自分が注意するところなのか把握して弾けるようになれるといいですよね。この練習はちゃんとやると奥が深いんですよ。どうしますか?

うーん
最初の苦手意識がなくなったから、もう一度やってみようかな~。


【ノクターン16】

弾く前に先生からお話がありました。

先生おとめ座:この曲は最初と最後がfですよね。ショパンのノクターンでフォルテで終わってるのはこの曲だけなんです。なぜショパンはこうしたのか。最後はオケがジャーンと鳴ってるのかもしれませんし、最初はもしかしたら金管かもしれないけど、どうでしょうね?
そしてこの曲はレントとあるけど、演奏をきいてみたらやはりもっと早く弾いた方がいいかもしれないと思いました。mollの箇所を意識、そしてソステヌート、センプレ・レガートを忘れないように。…さあ、どうぞ!

わーん! 頭の処理が追いつきません!
最初の音を出すのを躊躇ってしまいます。
金管ー??  全然そのイメージがわかないけど、でもまず試してみなくては…
金管でfと思ったらまた力一杯弾いてしまったので、弾き直ししたら今度は弱々しい音に。ああっ!(混乱)

先生おとめ座:上から叩くのではなくて斜めにです。これ(本)が鍵盤だとしたら、こう(斜め下↘︎)です。伸びのある音になります。

次のトリル(ミレミレ…)も真面目にしっかり弾こうとはせず、淡くフルートや弦の音のように弾くように、次の装飾音(ドレ)が出てればいいとのことです。昔のように指が動かないのがすごく気になってて、ムキになって弾いてたので、そうなのか~!と目からウロコ。
通して弾きました。

先生おとめ座:最後の和音はもう少し固い音でもいいかもしれないけど…。ここの5連符(先週と同じ箇所)を片手で弾いてください。

やっぱり出来てなくて何度も特訓です。
なんかよくわからなくなってきたけど、これでできてるの?できてないの??(多分できてない)
連符と言えば盛り上がりの7連符、ここもしっくりこないんですよー(では弾いてみて@先生)

先生おとめ座:まずここの音の出し方ですけど、古典の弾き方のように一つ一つの音を出そうとはせずに、かたまりで捉えて斜めに出すように弾いてください。全体に言えることですけどロマン派のレガートで弾くんですよ。
連符は、例えば3つと4つに分けて、それに対して左手は6つ(3+3)だから少しだけズラす感覚ですが、でもそれよりここはフレーズを大きく捉えて、強調するところをゆっくり目に弾いたら他で早目というように帳尻を合わせるようにして歌った方がいいです。
そして次の♪ミ~レ~のフレーズに入るところでもっと新しいフレーズが始まったことをわかるように弾いてください。
それから少し戻りますけど、盛り上がりのところまでの4小節なんですが(茂ってるところby私)、ここでこの曲一番の盛り上がりまで持っていく「持っていき方」を考えてください。まずは楽譜の指示に従ってやってみたらどうですか?
あと終盤の盛り上がりも同様に「どう持っていくか」です。ここはフレーズの始めからここまでは一息ついてはいけません。チカラを維持するような感覚ですね。


他にも付点のリズムが甘いところなどの注意がありました。


先生おとめ座:この曲は淀みなく流れる曲だそうですよ。だから難しい箇所も淡々と主張しないように弾いた方がいいのかもしれません。でも退屈になってはいけないし。
まずは内声もフレーズも感情も「これでもか!」というくらいまでやってみて充分に理解して、それから余分なものを削ぎ落としていく作業をしていくようにしていったらいいでしょうね。そこまで弾き込まなくてはいけないから、ノクターンは難しいんですよ。
やり過ぎるといやらしくなるし、表面だけの演奏ではつまらないし…
まず左手をひたすら弾きこんで淀みなく流れるように、内声を左右の手で分けて弾いて一番美しく弾けるバランスを探して、それを右手で再現するようにする…まずそんな風に弾きこんでいったらどうでしょうか。


【献呈】
練習のやり方を見失ってましたので、最初の2ページだけ少しだけ見ていただきました。
伴奏を和音で捉えて弾きながらメロディを出すように、タッチが全然違うからまずはそこから。
最初は伴奏のみなのでピアノが主役(全部ホントはピアノなんだけど)なので好きに弾くように。(左手ミラドミ・ミドラミで上ってミラミソで下りてくる(少しためる)感じだとかっこいいかもと思いました)
3小節目から歌が入る準備でボリュームダウン、4小節目のメロディは「待ってました!」万を辞して主役を登場させるように。

なぜかこうするとメロディラインが出てきます。不思議だー!



この先弾きたい曲などを(ブラームス間奏曲とか亡き王女とか)お話ししたりしてたんですけど、まずは年末までにどちらかの曲を仕上げるように決めましょうとのことでした。(ラヴェルの曲は難しいよ~ですって! やめようかな汗)

献呈は指の難しさはあるけど、曲としてはノクターンの方が難しいからねと仰ってましたけど、今の私の愛はノクターンにあるのですドキドキ
献呈は私が弾いてると残念すぎる曲になるのでちょっと気持ちが萎えます。でも今日先生が弾いた音を聞いたら愛が蘇ってきたしな~。

どうしよう、決められませんー!






にほんブログ村 クラシックブログへ 





 ピアノレッスン | コメント(12) | トラックバック(0)

週末の練習11/17 〜妄想族の暴走〜

2013/11/17
先日の宮田大さんのチェロのコンサート以来、夢心地のままです。
時々うわ言のようなことを呟いたり、かなりアブナイ人です。
ボーッとしながら「チェロ、レッスン」なんて検索ワードを入力しては、…はっ!いかん、いかん!と我にかえり…ピアノを再開したばかりなのに、もう!!
 ピアノの練習でもやっぱり表現には基礎が大事だわと、ハノンとバーナムを鬼弾きですよ!
この方向性、いいんだか悪いんだか…
もはや何度目がわからない反芻をしながら不気味にニヤついてたらふと、アンコール曲の「亡き王女のためのパヴァーヌ」を弾いたら脳内アンサンブルできるじゃーんドキドキひらめき電球と閃きました!
いそいそとネットで楽譜を見てみます。
 
それでなんですけどね、この曲、片手の音域が広すぎやしませんか? 途中から絶対届かないと思う。
…はやる心を粉々にするのに充分な威力の楽譜だよ。

 
週末のピアノの練習をします。
鬼弾きのハノンとバーナムは、気合いとは裏腹に劇的な進歩はありません。まあ、そうですよね~
でも先週のレッスンで、弾き方はちょっと変わったかもという気がします。なんかいい感じに力が抜けてきたかもしれません。(気のせいじゃないと思いたい)

またまたグランド熱が高まってレンタルしてしまいました。ご近所にあると思い立ったらすぐ行けるからいいですよね。
近頃お財布の紐が緩みがちだな~汗

 

{BDFA3598-AEDB-4E38-BEF7-95C54594F37A:01}

 

今回はカワイのグランドピアノを2時間レンタルしました。初カワイです。
私、カワイの音好きです~ニコニコ
ところでカワイのピアノの鍵盤は少々重めだと聞いてましたけど…
めちゃめちゃ重いじゃないですかー!

ちょっと愛の夢第三番を弾いてみました。(しつこいけどこの曲が好きです)
盛り上がりのところ、鍵盤が重くて弾けませんっ!(涙)
音は好みだけどタッチは苦手、こりゃジレンマじゃ。

まずはバーナムで様子をうかがいます。
普通に弾くと少しこもったような丸い音で、底まで打鍵するとクリアな音になるような気がしました。なんだか妙に力が入ってしまいます。
前回借りたボストンは音が大きくてクリアすぎるから思わず蓋を閉めたんですけど、メーカーによって全然違いますね。部屋の大きさはほぼ変わらないくらいなんですよ。今回は蓋を全開にしてました。
2時間のレンタルなので、バーナムはすぐおしまい。
献呈に移ります。

献呈は前と同じくひたすらメロディを意識して、伴奏を抑える練習です。
これがねー、私には本当に難しいんですよ。音が埋もれちゃって全然浮かび上がらないんです。
でも和音で伴奏するところは鍵盤が重くて底まで行かない分、浅く軽く弾くのは比較的弾きやすいのかも。逆に同じ和音でもメロディの音を前に飛ばすようにしてキラキラした音で「リスト風」に弾くのは無理です(今の私にはほかのピアノでもたぶん無理だけど)
この曲を1時間弱練習してたら小指が痛くなってきました。
私はピアノを弾いてて手が痛くなった経験がなかったので、これにはびっくりです。
わーん、もうこれ止めるっ!

次はノクターン16。
この曲、カワイのピアノに合ってるかも。なんかすごくイイんですよ。
トリルはうまく入らないけど、内声の音とかが素敵に聴こえます。
歌いながら弾く…ハズだったんですが、今の私の中では旋律を弦楽器が奏でてます
最初の音(b)は弦だと音を出してから徐々にクレッシェンドするんでしょうけどピアノだと無理、でも確かにここは鋭い音ではないんだな~と実感しました。
で、続くトリルで息を吐く、と。(影響されすぎ?笑)

弾いてるうちに妄想がどんどん出てきちゃって…
もともと勝手なイメージばかり先行してしまうタイプなんですけど、この曲もとうとうやってしまいました。


↓以下、妄想劇場↓

どこか外国の邸宅です。
初夏の真夜中です。眠れなくて(かどうか知らないけど、ここの理由はどうでもいいのです)、夜のお散歩に出ます。天気は快晴で、とても広い庭が森に続いてて、夜の空気は草や花の匂いがして気持ちがいいです。甘い幸せな気分で歩いてます。
するとどこからか白い花(くちなし系)の強い香りが…
{59E20969-DF13-4765-A4FC-A4111FDF9298:01}
たぶんクチナシの香りってこんな音。クチナシの香り、大好きです。
金木犀だともっと高音ですよね。

13小節目からは香りに誘われてどんどん庭を進んでいきます。(この辺は百合かジャスミン系の甘い音)
きっと何言ってるんだろ、この人って感じですよね。あ、逃げないで!

{F11B68A6-BA13-4ED3-8A4A-92046F7AF158:01}
茂みを抜けて…

 
{D11AC8EF-D6F7-4CCD-9620-36E1CF41C3F6:01}
また白い花の香り
ここはむんむんと濃い香りがたちこめてます。

39~40小節目からは花の香りに酔って幻想的な気持ちで夢の中のよう。

{32BA3950-B460-4D6D-A7F8-1F6587E65575:01}
風が出てきました。

ちょっと花の酔いから覚めて…
この先の内声部は葉っぱが風に揺れてます。

{F8539035-9C20-4479-9F19-6165F41C4C38:01}
夜の空気感が変わって…

{7062D8E3-E9CA-4AAA-9776-510FDF461551:01}
夜空の星の光がだんだん薄くなり…

{C9724D39-A32C-49FD-91B0-7CAFB2AD9D9D:01}
空の色が徐々に変わり…

{AA8F1C50-39D4-4A79-B6DD-D5C0E9A9337A:01}
夜の世界(魔法)の終わり。


こうやっていろんなことを想像して弾くのがとても楽しいです。
ショパンはどんな気持ちでこの曲を作ったのかな~






 






 ピアノ | コメント(6) | トラックバック(0)

チェロのコンサート

2013/11/14
チェロのコンサートに行ってきました音譜


{70269769-1BE8-4BE9-B96E-82A202A31D8E:01}


いつだったかテレビで宮田さんがトゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」を弾くのを聴いて胸がキューンドキドキ
もともとあの曲が好きなんですけど、チェロのアリアは本当に素敵だったんですよ。

…まあ、なんというか…その…イケメン加算が少なからずあったことは否定しませんよ…


我が某地方都市に来ると知ったので普通にチケットを取ったら、なんとっ、まさかの最前列!!
ひぇーー!私ごときがよろしいのでしょうか!?


ピアノはスタインウェイでした。鍵盤側の席で舞台も低めだからペダル操作も手も、近くでバッチリ見えちゃいます。これは二重の楽しみニコニコ


プログラム
{6FBC27BE-D3ED-47E2-A6E8-8B3F70EEC10E:01}
プログラムの曲、全部知らないガーン
チェロを知らない私なのに最前列でごめんなさい~あせる
(私の弦楽器経験は学校の器楽の授業でビオラをほんの少~しだけ、それ以降全く触れたことがありません)



チェロはかなり年季が入った様子で(きっといい楽器なんだろうな~)右膝が当たるところのニスがはげてました。さすが最前列、よく見えますよ。

座ったらそっとピンを床につけ弾く前に弦を微調整、弓を確認したら目を閉じてます。心を落ち着けて集中してるのでしょうか。
(この動作は全ての曲でやってました)

弾き始めると音量の幅が思ったよりもずっと大きくて、床から足に音の振動が伝わってきます。
うわあ~~ いい音~音譜

でも、何より驚いたのは息づかいです!
フレーズの前に息を吸ってて、大きな音の時はがっつり吸い込んでたんです。

ちょっと、ちょっと!
この人、チェロで歌ってますよ!!

ピアノよりも弦楽器の方がより「歌う」んじゃないかって気がしました。
それとも宮田さんがすごく上手いからでしょうか?
音もツヤツヤですごく色っぽかったんですよ(すっかり惚れてしまいましたラブラブ!


2曲目の文楽という曲はとても面白い曲でした。最初、三味線がベベンとなるところは鋭いピチカートで弾いてましたし、途中の高音は女性のセリフの節回しそっくり(あんまり知らないけどそんな印象)、まるで一人芝居です。
役者だー!!


弾いてる途中で弓の毛が少し切れました。邪魔にならないように右手で切れた毛をくるりと丸めて弾いてて、曲の間でブチッと引きちぎりました!
へ~、弦の人はこういうことするのね~
(このころになると恋心がかなり高まってて、たったこれだけのことがワイルドでステキに見えました笑)



ピアノのことも。
ブラームスとフランクのソナタ、どちらもピアノもすごく技巧的でピアノのソロや盛り上がるところはピアノの方に目と耳が釘付けでした。伴奏というよりアンサンブルかも。ブラームスはピアノも弾く人だし(フランクは知りませんでしたけど、調べたらピアノ曲も作曲してるようですね)
ほほう、楽譜はヘンレ?(CHECK!)
ピアニストの方(ジュリアンさん)、伴奏だからなのかソフトペダル使いまくりでした。私が今まで気づかなかっただけで、ソフトペダルを使ってるピアニストの方って多いんですか? ホールやピアノの状態に合わせたりするのかな。
楽譜を見ながら弾いてたんですが、空調の風がちょうど楽譜に当たる位置だったようで最初の方は特にページがめくれるのが妙に気になって。。。風、止めてください~って念じてました。

二人がどうやって合わせてるのか気になって見てたんですけど、よくわからず…。お互いを気にして目線をチラチラしてるように見えたので、そうやって合図を送ったりしてたのかも。
とても仲が良さそうで、「ここはこんな風がいいよね」とか一緒に曲を作っていってるのかなと想像したり。すごく楽しそうですよね。いいなー。いつか私もアンサンブルやってみたいです。


アンコール
{6D37E2E8-1DC0-4E52-8C49-A287747ED9CB:01}

亡き王女のためのパヴァーヌっていいですね~。うっとり。
(でも一番気に入ったのはチェロよりピアノの終盤のアルペジオの時の音 笑)

それよりずっと印象的だったのはファリャのポロです。炎のようで迫力満点メラメラ
キャー!カッコイイー!!そのチェロよりアタシを弾いてー!!!!ラブラブラブラブラブラブラブラブ(忘我)
…以下自粛汗


ラストのもののけ姫の最後のピアノの音は少しペダルを早く離しすぎな印象を受けました。伴奏だから遠慮(?)したのかなあ…
こないだのカツァリスのコンサートでは弾き終わった時に残響や余韻までしっかり聴かせる様子だったので、ついそれと比べてしまいました。でも実は元々そういう曲だったりして(笑)
この曲もチェロの音色がとても素敵でした。


お客さんはチェロをやってらっしゃる方が多いのかもしれませんね。休憩の時に「ポジションが…」「手が…」なんて会話が聞こえてきました。

終了後にサイン会があったんですけどCDを購入した人が対象らしくて、すでにCDを持ってた私は断念。
好きな人の前だとドキドキして口がきけなくなっちゃうタイプだし(照)、いいんです、演奏の余韻だけで。
(でもサイン会に登場した姿はちゃっかり視界におさめました)


コンサート、素晴らしかったです!
チェロっていいですねー!!
いつかチェロもやってみたいです恋の矢


↓みんな惚れちゃえ~にひひ (YouTubeリンク)








にほんブログ村 クラシックブログへ





 コンサート など | コメント(4) | トラックバック(0)

レッスン15回目

2013/11/12
今日はとても寒くて冷え性の私は指先が冷たくなってました。

先生おとめ座:フィンガートレーニングの体操を一緒にやってみましょう。立ってね。

指を組んで手のひらを天井に向けて伸びをして10秒静止
そのあとそのまま手を下ろさず、ゆっくりグーパーと10回して、ストンと下ろす

おお、血が流れる~!

先生おとめ座:これだけでも指先が暖かくなりますよね


ふと思いつきまして、先日のヨガの手首の柔軟を先生に試していただきました。
やっぱり柔らかいんですよー!
私の手首…うんち

で、話の流れでなぜかクラシックジャズのカスプーチンという作曲家の話になりました。

先生おとめ座:ちょっと前に流行ったんですよ。○ティナで大人の人はこればかり弾くぐらいに。コンサートのアンコールとかで弾くとウケがいいんですよね。でもクラシックと違うから譜読みに時間がかかるんですよ。これやってるうちにショパンのエチュードが何曲できるかって考えるとジレンマですよ。

チョコっと弾いていただいたんですけど、超カッコいいですねー!!
思わず「私も弾いてみたいですー!」と名乗りをあげてしまいました。
でも、楽譜を見たら撃沈…。

先生おとめ座:クラシックに慣れてるとこの楽譜を見ても音が浮かんでこないんですよ(笑)

楽譜黒っ!とか、音域広っ!とか、リズム不明!とか私はそんな感想です。


【ハノン5.6】

先生おとめ座:リズムがジャズ風になってますよ(笑)

「弾くのではなく委ねるように」
先生は先週、外国人の先生のレッスンを受けてらしたそうで、そこで食事の時と同じぐらいリラックスをして弾くというお話があったそうです。

鍵盤に触れた時に手首も落として力を抜く
打鍵の瞬間だけ指先に力を入れる
鍵盤の前に行く力は指先の力
指先の力は水の入った紙コップを持つぐらい

先生おとめ座:楽譜のページを1と3の指でつまんで、スッと離してください。その指の力で今のやり方で音を出して。
そう!その音!!


おお~、いい音出たー!

手首は円を描くように次の音に向かって動くようにします。音の粒も揃ったし、続けてバーナムです。
(ハノンは来週は次へ)

【バーナム グループ5】

和音の弾き方でやはりダメ出しが。
押さえつけるようになってるようで、ここでも手首がだめなようです。
他にも音量は力じゃなくてスピードだとも。

「ホッピングしよう」(オクターブの音を1と5でスタッカートで弾く曲)は手首の横の動きを滑らかに。右は良さそうだけど左が固い…

先生おとめ座:もう一度やってきてくださいね。


【ノクターン16】
最初の1音目でストップ!

先生おとめ座:確かにここは緊張感のある音ではあるけど、その音はちょっと鋭すぎです。フォルテなんだけど、もうちょっと太い音で、何て言うかもっと「ショパンらしい音」でね。少しゆっくり目に音を出してみて。

先生は4と5の2本の指で音を出してたので、私も…。ショパンっぽいかはわかりませんけど、少し丸い音になりました。

先生おとめ座:ここはみんなが次の解決の音を聞きたがるところですよ。
(きっと向かっていくようにってことですよね)


通して弾きます。
途中で先生が「しーっ!」
おっといけない、ここはpだった…
fはもっと出してもいいかもとのこと。

ペダルの件ですけど、和音の繋ぎ目のところはその通りとのことです。そこを上手く弾くためには指ペダルでつなげて、でも濁る音は繋げないように弾きます。(これ、言葉にするのは難しいですね)
ペダルなしで音を保つには今弾いてる指づかいではキビシイところがあります。要検討!

先生おとめ座:連符のリズムがおかしいですね。

ええ、知ってます。でも弾けなくて…
左3、右5の5が、4と1になっちゃうんです。

先生おとめ座:回転寿しで5文字のネタを上げてみてください。

えーと、…サラダ巻き?あせる

先生おとめ座:それが流れてるところを想像して言いながら弾いて(笑)

♪サラダ巻き、♪サラダ巻き、♪サラダ巻き…
(先生はクルマエビでした)

左手の伴奏(♪タマゴ、♪タマゴ)に乗せて♪サラダ巻きが運ばれます。
でも、でーきーなーいー!!


先生おとめ座:数が多いから公倍数もしんどいし…。

弾いて聞かせてもらったり、二人で左右を弾いたりしましたけど、なんかよくわかりません。

他にも左手の6に右手10のところ、ここはなんとなくできてきました。

先生おとめ座:キリがないので連符はここまでにしましょう。
ノクターンはテンポがゆっくりであればあるほど音の美しさで勝負!みたいなところがあるんです。
この曲はすごく難しい曲です。難しいテクニックはないから、ただ弾くだけならできるけど、これをどう表現していくか、どう聴かせるかとなると話は別。どう弾いたら聞き手におもしろく聴いてもらえるんでしょうね。

先生がショパンの曲解説の本を読んでくれます。

旋律が止まることなく続く
アリアである
(他のことは忘れました汗)

先生おとめ座:レントとあるけどそれはゆっくりってことではないですよね。もっと自由に表現した方がいいかもしれませんよ。左に右を合わせるのではなく、右に左を合わせるように弾いてみましょうか。歌いながら。
テンポはもっとあげてね。


先生と歌いながら弾きます。(ひーっ!)
クレシェンドのところまでは抑えて抑えて、始まるところもまだp、次のpになるところはふっと力を抜くように。
2声のところは二人で歌うように。


先生おとめ座:歌いながら弾くと前へ前へといこうとするでしょう? 息継ぎも意識しながらこんな感じで練習してください。もっと自由に揺らしてもいいです。やり過ぎると演歌になっちゃうからそこが難しいところだけど…これが歌だとすると何語で歌ってるんでしょうね? アリアだとやっぱりイタリア語でしょうか?

うーん、何語だろう…
ヴォカリースみたいな歌詞がない感じもするし。実際に歌詞無いけど(笑)


先生おとめ座:本当に難しい曲ですね。ショパンの晩年の曲は(これは死の6年前だそうです)私もまだ理解できないです。でも逆に考えすぎるとダメなこともあって、ショパンは自分を出さずに無心で弾いた方がいいこともありますし。巨匠の演奏だと淡々と弾くか、情熱的に弾くかの二つに一つでしょうね。

私はアラウの演奏が好きと言ったところ、聴いてくださるとのことでした。

花の香りがするように、幸福感たっぷりに弾くのが理想です。
道のりは遠そうです。






にほんブログ村 クラシックブログへ 







>>続きを読む・・・
 ピアノレッスン | コメント(6) | トラックバック(0)

楽譜の解説を読んでみる

2013/11/10
ノクターンの楽譜(パデレフスキ版)をパラパラめくってたら、後ろの解説が目に入りました。


最初はいろんな版を参考にしながら作ったんだよということが書いてあります。


☆ペダルについて(抜粋)
現在のピアノの音は強烈なので(これはコメント欄で教えてもらいました得意げ)少し修正した箇所もあるけど、ショパンのペダル用法は正確で洗練されている。
ショパンがペダル記号を書かなかったのはペダルを使用するのが当然明白な場合か、逆に微妙な箇所なので書くと複雑になってしまうから。


……もっと早く読めばよかったー!!!あせる


書いてないところは踏むなってことかと思ったじゃん(バカ)
うん、なんかヘンだな~とは思ってたんですよ。でもショパンって神経質そうだから(失礼)、その辺うるさいのかもって思ったし。
私の疑うことを知らない清らかな性格が災いしたようです目

あ、そういえば先生がショパンやリストはピアニストだから、演奏で当たり前のことはあまり書かないって教えてくれたんでした…


他にはトリルの弾き方が詳しく書いてあります。読む気がなくなるぐらいに。
ええ、途中でやめました(笑)


各曲の注解が書いてありますけど、元となった版にはそれぞれどう書いてあったみたいな内容で、あんまりおもしろくありません。


ああ、そうだ。「ノクターン演奏の手引き」という本も買ったんでした↓
{DA2B7AAF-6AB3-4ADE-A317-B7F69726C089:01}

これがねー、ちょっと専門的なショパンの萌え本ラブラブみたいなんですよ(思いっきりおバカな感想)
ところどころでショパン賛辞が入ってて、この著者はかなりショパンがお好きなんだな~
各曲の解説も詳しく書いてあります。
(でもまだ一部しか読んでません)

こういう本は私のような知識のないアマチュアが読んでもおもしろいですけど、わかってる人が読んだらもっと楽しめるんでしょうね。

ブタに真珠??
しーっ!!







にほんブログ村 クラシックブログへ 












 ピアノ | コメント(2) | トラックバック(0)

週末の練習 11/10

2013/11/10
いつもの週末の練習です。
今週は忙しかったので、平日は出勤前に少ししか練習できませんでした。
今日は時間がたっぷりありますよ~


いざ…っとその前に、今朝起きたら胸筋と背筋が筋肉痛になってまして…ああ、昨日のヨガ教室!
「東のポーズ」という腕立て伏せの仰向けのようなポーズで、体幹の筋力と手首足首の柔軟性が必要という、私のニガテてんこもりなヤツだったんですよ。
ピアノを弾く上で手首と足首が固いのは、いつもちょっと不安に思うところなんですよね。


パー手首の柔軟性
正座して手のひらを膝の前で床につけて、外側から180度回転して指先を自分の方に向けます。その後、手を床についたまま背中を丸めます。

もし時間がおありでしたら、試してみてください。
私はできませんショック!



【ハノン5.6】
これはね、1日1回は弾いてましたよ。
時間がなかったから超スピード(@私比)で。でも転んだり事故ったりしてたから、練習になってたかどうか…

メトロノームに合わせてやってみると、やっぱりちゃんと弾けてるのは♩=90ぐらいまででした。変化ないな~

5の下り
{5BC5847B-CFBC-4AB7-B61A-6806DA2636B1:01}
左手のドレドミレまでがが大変。3、4、5が弱い~
早く弾けるよう手首をスライドするようにして動きを助けるようにしてみます。
♩=108だと事故起きまくりドンッ、片手ずつ弾くと明らかに左手のせいだとわかります。
…やっぱり指が動かないのねしょぼん
いーんです、気長にやるから!
今すぐ動くようになるなんて思ってないから!


【バーナム グループ5】
ちょっとずつしかやってません。時間がかかるのが難点なんですよね。

この曲は避けてた↓
{CA3DF8F2-E1C5-4B02-913B-5A3112AEF22F:01}
ひーっ! グリッサンドなんてやったことないです。つ、つめでやるんですか??
これはレッスンで教えてもらおう。

{01299847-B41F-4C31-807E-D85EBB04C86E:01}
やだっ!下降で指が余る!
 昔はスケールは「行けるとこまで行け!」ぐらいの適当な弾きっぷりだったので、そのツケを今になって払うことになったってことですか??(ドキドキ)
たった2オクターブすら指番号通りに弾けないとは…ガーン ほんと、難問題ですよ…


足でリズムを取りながら弾いてると、足が疲れて途中でできなくなります。できないことが多すぎて、笑いが込み上げる~
一人でプププと笑いながらバーナムを弾く私、かなり不気味な光景です。


寒くなってきて、ピアノ弾いてると指先が冷えます。
レッスンを再開して初めての冬、すでにすごく寒いですっ!
冷え性だし、寒いのは苦手です。寒いと全ての活動が停滞してしまいます。


続きはまた午後ニコニコ


星星ここから午後星星


寒過ぎて頭痛がしますドクロ
薬を飲んで、さらにローズマリーとショウガのブレンドティーで血行促進を図ります。


さ、練習の続きを…

【ノク16】
ペダルのナゾ 12小節目から
{63D27229-C6AC-40F7-A29E-711F6DF8D847:01}

13小節目
{47ACFDF6-6846-4E45-897C-4A8E3CE083FB:01}
あ、ここは音が濁るからだったんだ…和音で弾いたらわかりました。和音をレの音が繋いでて、このレが濁りのモトなんですよね?
中途半端なところでペダル踏み替えてると思ってたのは、和音が動いてるパターンってことで…、というか普通はそれが踏みかえる理由ですよねー。鈍すぎる、私!
でもここの音、私は全然気にならないんですよ。音に鈍感…センスがないのか叫び


{C21E9FFE-A764-4730-BF79-5D032D7E3295:01}
このパターンは内声をはっきりさせたいため?
ここをペダル記号通りに弾くとちょっとこなれた風になるけど、5の指でラを押さえたままなのが難しいのです。


それに、お経状態から脱出しなくては!
フレーズ感と抑揚が必要ですよね。
どれどれ、録音して聞いてみましょう。

…なんで、録音しようと思って弾くと緊張するんでしょうね?? 思いもよらないところでミス連発するし。

和音のところになると音の大きさが倍になってました。あと抑揚が急過ぎです。メロディもはっきりし過ぎで色気ゼロ。

ううっ、めげそう。

あとは苦手箇所を部分練習です。
ffのところの内声をミスしまくりです。指が届かないわけじゃないんですけど、親指が…ハッ!犯人はまたキミ(親指)か!
{65A6E6CF-4C4C-4EE4-B66E-332727063CF2:01}
↑犯行現場
ここの内声、1ー1で弾くところ。
小節の初めの3ー5と指を変えるレと、内声を組み合わせると、処理能力と運動能力を超えるようです。犯行現場はここだけじゃないんですけどね。あちこちで殺されてますドクロ




【ちょっと浮気】
ブラームス間奏曲op.118-2
はじめはただ「いい曲だな~」ぐらいの感想だったんです。
でもしばらく聴いてたら、ある瞬間、キューン恋の矢とハートを撃ち抜かれまして…

この曲の最初、夢見がちな青年が彼女に夢を語ってるようですよね~(妄想)

なので、私も弾いてみたい~とパブリックドメインのHPから楽譜をダウンロードしてみました。
{D3A99924-661D-4C1C-92F2-F9D443A49BBF:01}

運指皆無! なにこの必要最低限ぶりは!
将来、この曲を練習する時には親切な楽譜を買おう、そうしよう。

op.118-1も華やかで情熱的!ステキー!
2曲セットで憧れ曲リストに入れました。









にほんブログ村 クラシックブログへ 























 ピアノ | コメント(2) | トラックバック(0)

グランドピアノで練習

2013/11/02
本物のピアノで練習したい熱がわーっと高まりまして、レンタルルームを利用してきました。

今回は自宅から数駅のところにある楽器店に行ってきました。
ここにはヤマハ、カワイ、ボストンと3種類のメーカーの部屋がいくつかあって、お値段は30分単位でヤマハ、カワイが500円、ボストンが800円、ヤマハのフルコンが750円(休日は1250円!)です。
私はヤマハのグランドしか弾いたことがないので違うメーカーのものを弾いてみたいと思ってたんですけど、ボストンを3時間借りると3000円になるプランがあったので早速申し込みしてみました。

{1600758D-0718-48C0-969A-74AE91573940:01}
おお、ロゴが新鮮!
艶消しの黒いグランドでした。

音の印象は尖ってるような少し鋭い感じがしました。
ピアノの蓋が少し開けてあったのですが、部屋が小さいせいか音量が大きく感じたので蓋を閉めました。ちょっと音が落ち着いたかも…ホッ。

以前に借りたスタジオのグランドの鍵盤はすごく重たかったので心配してましたけど、このピアノはたぶん普通です。
電子ピアノに慣れてしまった私には、低音部が少し重たく感じるくらい(ということは一般的なピアノのタッチってことです)

以前利用したスタジオは広くてとても綺麗なんですけど、鍵盤が重めなのが難点でした。今回のはピアノの種類が多いし鍵盤も普通だけど、部屋が狭いです。


最初にハノンの5と6を練習してみました。
あらー、5番の左手苦手!登りも下りも。
{55B3A98D-8C99-4170-B712-75F98C60DF9A:01}
音の粒を揃えるのってやっぱり難しい!
でも左手だけでリズム練習しながら30分ぐらい弾いてたら、だいぶ馴染んできました。♩=96だと少し乱れてしまいます。
毎日少しずつ弾かなくちゃ。


次にショパンノクターン16を弾いてみました。…ま、こんなもんですよ(落胆)

さて、今回の練習目標はペダルです。なんとなく踏まないで、楽譜通りに弾くようにしてその時の音をよく聞くように。

でーもーねー!
なんでこんな位置なの!?
踏むのも離すのも!!
{765A79C5-FF04-4E99-B99E-6B711474678D:01}
こことか、なんでこんな中途半端なところに?

{66AC0B2B-2822-4060-A015-2A1F3792D812:01}
40小節目から
前の楽譜と同じ旋律です。
38小節から旋律は繋がってるんですけどペダルはなくて、41小節目の一部だけ。47小節からも同じ旋律で同じペダルのパターンなんですけど…なぜ??
この通り弾いてみたけど意図がわかりません。

この他にも「???」というところがたくさんあって、納得できない。
音を聞いてみてもわからないよー!

ペダルの役割ってちゃんと考えたことなかったなー。わからん…

あ、音を繋ぐという役割で考えるなら、記号の少し前から踏んで左手を繋げたいけどな。ブチっと切れてしまうし。

え、和声?
う、うん…(放置中)



さ、次は献呈!
ひたすら旋律を出して伴奏を抑える練習です。1日では上達しないけど、生ピアノだと楽しいな~
{C27CD823-EB4B-4E38-AB64-C610400A987C:01}
付点は軽くしたいけど、ここ、強くなっちゃいます。だって上の音はメロディだしその上和音だし。

弾けなくて右手で上の音をとってた左手の和音の箇所は、やっぱり左手だけで弾くように決めました。練習したらなんとなく出来てきたかも。

萌えポイントドキドキ
{4457FEDB-A7D6-4428-B82F-F4AF68131919:01}
Wonneはメチャメチャ幸せって意味でした。犬が尻尾を切れそうなくらいふってるような幸せっぷりです。で、ここのWonneの音もそんな感じなんですよねー
もうひとつの萌えポイントはschwebeのアルペジオです。前にも書きましたね、これにひひ




バーナム グループ5
だんだん嫌いじゃなくなってきました。
これをやってからテンポを保つのが前よりできるようになったし、音の出し方や手の使い方も教えてもらえるし。
同音連打とかの弾けなかったパターンが弾けるようになるのもうれしいです。
でもまだ積極的に好きとは言えないぞ。

ところで英語圏の人は棒人間が好きなんでしょうか。昔使ってたプログレスという英語の教科書(byイエズス会)の挿絵もこの棒人間にソックリだったんですよね~。


3時間のレンタルでしたけど、私には長すぎました。2時間だと名残惜しい気持ちで終われるけど、3時間だと疲れ果てます。元を取らねばと意気込んで、最後の方は集中力が切れてました。
次は2時間にしてカワイのグランドを弾いてみたいラブラブ


終わってから店内を見て回りました。
アップライトが多かったんですけど、ヨーロッパの家具みたいなオシャレなデザインのとか屋根が開くものとか、いろんなピアノがあるんですね。全体的に最近のアップライトって昔より背が小さくなりました? それとも私の背が伸びたのかな?(笑)
スタインウェイとベヒシュタインのアップライトがあったんですけど、畏れ多くて触れませんでしたあせる


グランドも何台かあって見てたら、買うならやっぱり憧れのグランドにしたいな~って思いました。きっと一生に一度のお買い物ですもんね。
自宅なら丸い柔らかい音のピアノがいいから、ボストンは候補から外れます。
それに私はヤマハの音がけっこう好きということに気づきました。こういうのって他のピアノを弾いてみないとわからないものですね。ディアパソンもHP見てからすごく気になってるんですけど、なかなか機会に恵まれません。

よしっ!次は年末ジャンボ買うぞー!







にほんブログ村 クラシックブログへ 







 ピアノ | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。