08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告

自宅練習 しつこく愛の夢

2013/09/29
レッスンに向けて練習してます。
いつも日曜日になると焦るんですよね。



【ハノン】
前回のレッスンで相談したハノン。
パッと開いたページを弾いてみて…という練習もあるけど、まずはひととおりやってみないと苦手な部分がわからないので、最初からやってみることに。
とりあえず本に書いてあるグループごとにやっていこうかな。
ということで今週は1と2です。
メトロノームの60、80、100に合わせて粒を揃えて弾けるようにすることを目標にしてみました。リズム練習はスタッカート。

弾けてるとは思うけど。
うーん、どうなんだろう?


【バーナム】
今週はグループ2です。
たしか前回は先生が音価の話をされてて、音価は音の長さだけど、音の重みのバランスも考慮した方がいいって言ってたんでした。
ですから今週の目標はメトロノームに合わせることと、音の重みのバランスを整えることです。


【愛の夢第三番】
盛り上がるところの左手(ドミ↓ソド↓ミソ↓ドミ↓ソド↓と下降)を和音で素早く弾く練習をしてて気づいたんですけど、今までの運指が良くないみたいです。
動かない薬指を使わないようにしてた(1-3,1-5,1-3,1-5)んですけど、これだと滑らかに繋がらないんですね。
1-3,2-5,1-4,2-5,1-4(1-3でもいいのかな)にします。
最初から楽譜の指番号に従うべきでした。

最初のテーマ
ここの出だしが聴かせどころだと思ってるんですけど、なんだかなぁ…
伴奏の感じは前回のレッスンで掴めたような気がしますけど(デジピだと音が抜けるけど)、もっと歌い回しで情感のようなものが欲しいんですよね。うまく言えないけど「たっぷり感」みたいな?

最初のカデンツァ
{3952C351-9653-4DE7-8054-9900908D9090:01}
ここの上昇するところがよくないです

私の左の指を見ると123しか使ってませんでした。楽譜は4なので4に変えてみます。ここはpからさらっと弾きたいです。


{67DD967A-3F21-440F-8ED2-4A0C4B928DF2:01}
ここの丸で囲ってある左手アルペジオ

右手のメロディの波が来て、左手もそれにザバーンザバーン波となってて、ここ「感情の起伏」ですよねー? 恋する二人は大盛り上がりですよねー?

指の動きがイマイチなので、ここも今週の練習課題なのです。


後半カデンツァ
{7797EC15-D798-49BD-BE4B-25E90811ACA8:01}
ここの下がってくるところがいまだに弾けないんですー!
黒鍵の数が変わる繋ぎ目、2個セットと3個セットの間(シとド、ミとファの間)のところがダメ。
少しスピードを落とした方がいいかもしれないけど、そうするとキラキラが降ってくる感じにはならないんだろうな…

教えていただいた方法で地道に練習あるのみ。
これからハノンやっていけば、こういうところを克服できるのかな~。




とにかく今日は練習するんだからねっ!








にほんブログ村 クラシックブログへ 









スポンサーサイト
 ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)

ヨガとナゾの心の動き

2013/09/28
ヨガ教室がお気に入りです。


さて、今日のメインは牛の顔のポーズでした。
http://www.yoga.jp/pose/pose_detail.php?id=52
↑牛の顔はこんなポーズです



今日は10年続けてるという方の隣りだったんですけど、おしゃべりしてるうちに妙なライバル意識が芽生えてしまったんです。これが不幸の始まりになるとは…

先生は「呼吸を意識して。ポーズを作るより自分の体を知ることが目的」「無理しないように痛いところではなく、気持ちいいと感じるところでやめるように」と何度も仰ってるけど、今日の私にそんな言葉は聞こえません!
お隣のベテランさんに負けてられないわ、完璧なポーズを見せるんだからっ!とナゾの意気込みでいっぱいになってました。


↓その後の鋤のポーズ

これも決めてやるぜっ!と全く意味のない決意で臨みました。
このあとさらに足首を持って静止(正直めちゃくちゃキツイ)、余裕のフリしてチラリとお隣さんと目線を合わせたり…。完全にバカ!!です。
(リンクに「ポーズ中は絶対によそ見をしないこと」とありますね)




……それで今になって腰痛です。まっすぐ立てません。


あの時なんであんな気持ちになったんだろう… 後悔だけが残ります。
完全に自業自得!


でも、つらいですーっ!!







にほんブログ村 クラシックブログへ 





 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

ピアノと季節 秋の曲コレクション?

2013/09/28
だんだん涼しくなってきて、季節が秋に変わっていってるのを感じるこの頃です。
秋っぽい曲を弾いたり聴いたりしてみたいな~と思ってたんですけど、秋のピアノ曲ってどんなの?と考えたら、浮かんでこないんですよー。

収穫祭や謝肉祭は秋なんでしょうけど、現代社会の都市に住んでると「実りの秋」の実感ってあまりなくないですか?
季節感がある曲と一口に言っても、前提となる季節感が同じじゃないと感覚を共有するのは難しいんじゃないかと思ったわけです。



今のところちょっと秋っぽいかもと思ってる候補曲をあげてみます。


①悲愴 第二楽章(ベートーベン)
強いて言えば秋の日暮れ頃の感じです。でもこれぞ秋という感じはなくて半ばムリヤリ。…強いて言わなくてもいいですって?


②無言歌集 プレストアジタート(メンデルスゾーン)
冷たい空気の中、紅葉した木の葉が風でどんどん降り積もっていく感じ。でもこの曲の副題(?)って「胸騒ぎ」なんですか! それを知ったら胸騒ぎ感に塗り替えられちゃいました。


③秋の歌(10月 四季より)(チャイコフスキー)
これは秋という作曲者のお墨付き。確かに秋っぽい。


④プレリュード4番(ショパン)
これは晩秋! ショパンのプレリュードって秋っぽい曲が多い気がしませんか?


話が少しそれてしまうかもしれませんけど、私の受ける印象は本っ当ーっに当てにならないんですよね。
ショパンのポロネーズ5番(op.44)を聴いて「情熱的な恋だわ!(断定)」って思ったのに、ウィキペディア見たら「悲劇的」って… ええーっ!?
私ったらどういう感性してるの…?
ええ、ええ、どうぞ笑ってください…

あ、でもリアルな知り合いにはこういう妄想については一切話してないので、つつがなく日常生活を送れてますよ。
だって恥ずかしくて絶対言えないっ!一応恥じらいの心はあるんです。




もともと知ってる曲が少ないので、候補が尽きてしまいました。
読んでくださってる方で、もし秋を感じる曲がおありでしたらぜひ教えてください~!





追記
謝肉祭は春なんですね。
知らなかったー!





にほんブログ村 クラシックブログへ 








 ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)

インベンション

2013/09/28
先日、実家から持って来たバッハのインベンションを始めから弾いてみました。

すごく頭使いますね!
たった見開き2ページなのに、どっと疲れが…。体力がいるというより集中力が必要って感じです。

昔好きだったのは2、4、13。その中でも一番は13です。
短調ばっかりだ(笑)

今は長調の曲もいいと思いますよ。
8の最初の出だしは可愛らしいし。

そうそう、私にはどちらかというと♭系の曲を好む傾向があるのでは…と思ってます。♭って内向的?


弾いてみると、黒鍵を親指を使って弾いたら咄嗟に直す自分を発見して驚きました。
当時の先生に指摘されてたんでしょうか。
何年も経ってるのに記憶って不思議です。
忘れてると思ってたのに無意識に表情をつけて弾いてる箇所もあったりして、そんな自分が面白いです。


ですけど、6番が弾けません!
リズムがうまくハマらないんです。
この曲、弾いたことあるのかなぁ。この曲だけ記憶がない…


勢いに乗って弾いてみたシンフォニアは、全く構造が見えません。
書き込みを見てみると、当時各声部のテーマを見つけるように言われてたんだろうな~。カギカッコで括ってくる宿題をやったような記憶がぼんやりあります。
今も理解出来ないってことは、当時克服できなかったってことですよね。
やり残した感はひしひしと感じますけど、このまま放置しちゃおう…


インベンションは曲を聴いて響き(和声)はいいなって思うんですけど、感情やイメージがほとんど浮かびません。こういう曲を弾く時にアナリーゼとかいうヤツが必要になるのかも。
バロックって難しそうだ!







にほんブログ村 クラシックブログへ 

















 ピアノ | コメント(2) | トラックバック(0)

レッスン9回目

2013/09/24
二週間ぶりのレッスンでした。

【バーナム】
グループ1を最後まで同じテンポで(♩=80)

この同じテンポを保つというのが私にはとてもとても難しいです。気を抜くとすぐ早くなってしまいます。
しかもこんな簡単なもので音の間違いもあったし!
ゆっくりしたテンポを保つのは早いテンポを保つよりもずっと難しいかも。
来週はグループ2です。


【愛の夢】
appassionate assai
ここのオクターブのミレドシラソファのテンポが急に早くなってるそうです。

先生おとめ座:テンポどおりに弾いてみるから、三拍子の指揮をしててくださいね。

…あらー!思ったよりずっとゆっくりだ。
ということは、私はここだけ早すぎるってことです。

先生おとめ座:appassionateですからね。だんだん早くしていくのはいいんです。でも急激に変化するのはナシです。

先生おとめ座:あとここの左手アルペジオがあやしいです。左手だけどうぞ。

うっ。咄嗟に左手の音がわからないです。
しかも指も弱い…

先生おとめ座:こういうところが暗譜になると頭が真っ白になったりすることがあるんですよ。
細かく細かく見ていって、自分にとって弱いところを見つけていく作業をするともっとよくなります。
一つ一つの音の繋がりや指の弱いところをじっくり確認していっていろんな練習法を試してみるといいです。

例)
1小節だけ抜き出してみて、次の小節の1音と繋げて弾いてみる
苦手な部分の最後の音から逆にたどる
指の弱い箇所の音だけ切り取って10回弾いてみる
もちろんリズム練習も


最初のテーマの伴奏を私が弾くと冴えないので、先生の弾き方を見せていただきました。
ペダルを踏まずに弾いて頂くと、鍵盤の浅いところで軽~くスタッカートのようなタッチで、手首をスライドさせてます。
真似したら、ずっと気になってた野暮ったさが消えてずっと良くなりました!!

先生おとめ座:筆をイメージするとわかりやすいかもしれませんね。伴奏は平筆でそっと表面を撫ぜるように、メロディはもっと太くてどっしりしたもので描くように。


ただ問題はこの感覚を今後も維持できるかなんですよね~汗



盛り上がりのところ

先生おとめ座:ここも左手が弱いです。2つの音を和音にして素早く繋げて弾く練習をしてみて。オクターブのメロディに入る前、左手だけの部分は左手が主役です。
オクターブのメロディは音を繋ぐように高音の指を薬指や届けば中指も使ってみて。ソ♯からド↓へオクターブの音が繋がるところは、ソのオクターブを弾いた後に下のソの音を人差し指か中指で離さないように渡してからドのオクターブを弾くと繋がりますよ。こんなやり方もあるので試してみてもいいですね。
教える時はインテンポで教えるんですけど、いざ自分で弾く時はstringendoを表現するために拍を意識しながら早くしていくんですよ。でもこれもどう表現するかは人によりけりですね。

先生おとめ座:カデンツァも練習あるのみです。
いろんな練習をして成功したやり方を覚えて今後に応用していけるといいですね。
表現は人それぞれだと思うので、メカニックを強化しましょう。

いろんな練習か…
地道な練習しかないですねぇ。
でも表現は前より少し良くなったかな。妄想と昨日の練習の成果が出たかもにひひ


メカニックに問題があるので来週からハノンを見ていただくようにお願いしました。


愛の夢の最初の♭ミードーの6度は憧れを表現する音と言われてるそうです。
他には4度は喜び、2度の下降はため息と言われてるそうです。
ベートーベンの月光第一楽章のある部分の左手バスの音が十字架を示してるのは有名な話だそうですよ。聴かせていただくと確かにそんな気が…。ふふふ、すぐ影響されます。








にほんブログ村 クラシックブログへ 




 ピアノレッスン | コメント(2) | トラックバック(0)

レッスン前に焦る! その2

2013/09/23
明日のレッスンの曲の出来がひどすぎたので、以前に使ったことがある会社の近くのレンタルスタジオで練習することにしました。

いつかのためにグランドピアノ貯金を始めたのでピアノレンタルは極力やめようと思ってたんですけど、こんな有様では申し訳なくて明日行けないですもん…ガーン


というわけで1時間半グランドピアノを借りて練習してきました。
電子ピアノとグランドピアノ、同じように弾いても違って聴こえるんです。電子ピアノでイマイチと思ってたところがそんなに気にならなかったり、弾けてると思ってたところで音が抜けたり。

…いえね、結局、どっちでも弾けてないんですけどね。

特にグランドピアノで「弾けない!」と思ったのは2つのカデンツァと盛り上がるところの左手です。鍵盤に押し戻される感じというんでしょうか、指が負けてしまいます。あとは一番最後の和音部分で、気を抜くと左手の音が出てなかったり…ここは打鍵のスピードが遅すぎるのかも。
あと、ミスタッチも格段に増えますね。

逆に電子ピアノの方が下手に聴こえたのは、少し強めに弾くとすぐバランスが悪く聴こえるところです。タッチレスポンスの設定を変えると今度は妙に粒が揃ってうまく聴こえてしまうし。
ペダルも踏むか離すかの二択しかないので、少し上げると音が切れるから、踏みっぱなしにした方がよかったりします。ただペダルは本物のピアノでも下手なので、どっちが冴えない演奏なのかは我ながら甲乙つけがたいのです。

どっちでもミスタッチするのは2番目のカデンツァ。ここの左手ったらなんでこんなに動かないのかしら!
音が乱暴になるのも共通事項です。
構成も一日でなんとかなるものじゃないですね。なんか野暮ったいです。
あ、でも練習前よりはほんの少しマシになったような気がしますよ(半ば自分に言い聞かせてます)


実はiPhoneで録音してきた音をここに貼ってみようと帰る道すがら恥を捨てる決心をしたんですけど、貼り方がわからないんですよ~!

このブログを見てくださってる方も私がどんなに下手なのか、もしかしたら知りたいかもしれないですしね。妄想ばかり書いてるので、万が一うっかり誤解があるとよくないですから。
なんなら、あわよくばどうしたらもう少しマシになるか教えていただけるかもと思ったんですけど(笑)




追記

dropboxのパブリックリンクを貼ってみました。
ファイルはmp3です。



あああああ!!
改めて聴くとやっぱりひどいですー!






にほんブログ村 クラシックブログへ



 ピアノ | コメント(5) | トラックバック(0)

レッスン前に焦る!

2013/09/23
明日2週間ぶりのレッスンなので、焦って練習を始めました。まるで試験前の一夜漬けのよう。
今更ですけど電子ピアノに録音機能がついてるので、録音してみました。

…先生が何度も仰ってた構成と流れができてないことを実感しましたよ。なんで今頃になって…

曲を聴く時に「ふんふん」と揺れて聴くことってよくありますよね。自然に拍の流れに乗る感じで。私が弾くとあれが途中で途切れちゃって、聴いてて心地良く感じないのです。
なのでまず拍どおりにメトロノームに合わせて練習します。

構成も「そこじゃない!」って音が無意識に飛び出してます。
{39B91044-2A09-4C44-905C-B385CC9E4458:01}
↑例えばここの2小節目のドの四分音符
(ミードードードーの後のド)
ここはアウフタクトなので飛び出すと違和感。
流れは3~4小節目に向かうべき。
歌詞を見てもso langのsoにアクセントを置くのは変。歌詞通りならliebenにアクセントですよね。

{19F325DC-747B-486D-A8E3-235E271A3D31:01}
↑盛り上がるところ
「抑えきれない愛の告白」のシーン(勝手なイメージでは、ここで「あなたが愛してるのはこの僕!」と言ってます。)
オクターブのメロディが切れてます。流れに乗って歌い上げたいところなのに…

{71CB2039-601D-435A-A6EB-D4C6FBD57C8F:01}
↑テンポプリモから
相変わらずゴツい伴奏。
あとはバスの音のバランスをなんとかしたい。
あ、私のお気に入りのメロディは71~74小節のo lieb, o liebのところです。ここ、切なさMAX!ですよね~。



ううっ。どうしよう。
どこかで本物のピアノを借りて練習してきた方がいいかなぁ…





にほんブログ村 クラシックブログへ 






 ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)

掘り出し物の楽譜

2013/09/22

今日、お買い物のついでに近所のブックオフに立ち寄ったら、こんなおもしろそうな楽譜を見つけました。

ピアノを再開する前はブックオフに中古楽譜が置いてあるなんて想像もしてなかったんですけど、ちょっと探してみたところ、少しですけどあるんですね。

{8B63EF1E-1DA0-41E4-B3A2-B73AF509D1D6:01}

↑「クララ・シューマン ロマンス 女性作曲家によるピアノ作品集」

400円でした。お買い得!(あ。あとで値段のシールはがそう)


目次

1.シチリアーノ (マリア・テレジア・フォン・パラディス)

2.マズルカ ニ長調 (マリア・アガータ・シマノフスカ)

3.マズルカ ハ長調 (マリア・アガータ・シマノフスカ)

4.アンダンテ・カンタービレOp.6-3 (ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル)

5.ロマンス 変ホ長調Op.11-1 (クララ・シューマン)

6.スケルツォ ハ短調Op.14 (クララ・シューマン)

7.ロマンス イ短調Op.21-1 (クララ・シューマン)

8.乙女の祈り (テクラ・バダジェフスカ)

9.かなえられた祈り (テクラ・バダジェフスカ)

10.ジプシーの夢 (オーギュスタ・オルメス)

11.ウォーターローの戦い (ヴィルマ・アンダーソン=ギルマン)

12.古い庭園にて (リリー・ブーランジェ)

13.明るい庭園にて (リリー・ブーランジェ)


この中で多少なりともエピソードを知ってる人物はファニー・メンデルスゾーンとクララ・シューマンです。

この本で知ってる曲は「乙女の祈り」と「ウォーターロー(ウォータールー?)の戦い」だけです。


昨日、ちょこっと「乙女の祈り」って書いてたから、私の中ではとてもタイムリー!

あの「乙女の祈り」に続編(?)があったなんて!

この「かなえられた祈り」をお目当てに買いました。

普通の楽譜屋さんに行ったら、普段は目に入らない種類の楽譜なんだろうと思います。

これも何かの縁かも。


後ろの解説をちらっと読むと、ほぼロマン派の時代の作品みたいです。

ロマン派好きとしては楽しみです。

さっそくちょこちょこ弾きしてみます。



【追記】
かなえられた祈り、少し弾いてみました。
祈りはかなうとあんまりおもしろくないのかも。小説のエピローグ風な曲?

クララ・シューマンの曲は良さそう。
この曲集のタイトルになってるだけありますね。スケルツォもかっこいいです。
(難しいので、ほんのちょっとさわりだけ弾いた感想です)

最後の2曲はフランス人ですね。ドビュッシーみたいに感じます。(つまり未熟な私にはよくわからないってことです。えへへっ)






にほんブログ村 クラシックブログへ 


 ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)

実家の古い楽譜

2013/09/21
実家に帰った時にしまってあった楽譜を探してみました。
残念ながら昔あった楽譜の半分も残ってませんけど、数冊持って帰って来ました。

{BFBFA363-901B-4E24-8CDC-B2C781C79023:01}
すっかり忘れてましたけど、乙女の祈りとか変奏曲系が好きだったんでした。
ところでこのタイトル、なんとかなりませんか?「銀の波」ならかっこいいのに。ギンバって、まるで銀歯みたいじゃないですか。(もしかしてギンパって読むの?)
中には「ひびかせて」の書き込みだらけ。どんだけ響かなかったの!?

{6B326503-B1BA-4464-BEA4-C19915691C3F:01}
欲しかった子供の情景はなくなってましたけど、幻想小曲集はありました。次に弾きたいと思って譜読みしただけなのでとてもきれいな状態です。

{F7A63F2A-B800-4FDA-BADF-B9AC27636CC9:01}
↑飛翔
先生が「シューマンの楽譜は細かく指示してる」って仰ってましたけど本当ですね。
しつこいくらいに記号が書いてある!笑

{72D266E9-4D1A-42F6-A534-9D1A23F4D2F4:01}
↑サティ全集の1と4 これも書き込みなし
発行年を見てみると1998年と1999年、この頃の私は大学生でピアノを弾いていないので、弟の楽譜だと思います。
この本は解説がすごく凝ってます。しめしめ。

{A714490E-7CC1-4DD5-A942-78722864FB9B:01}
たくさんあったインヴェンション。
一番きれいなのを持って帰りました(笑)
中を見てみたらシンフォニアの1と4に書き込みがあります。私のかも!
インヴェンションの時は全音の青い本だったような記憶があるから、シンフォニア用に買ったのかな? 
すごく長い間苦労した気がしてたのに、2曲しか弾いてなかったのか…






にほんブログ村 クラシックブログへ 




 ピアノ | コメント(2) | トラックバック(0)

体力をつけたい、ゆえに暴走

2013/09/21
このところ少し仕事が忙しいです。
ちょっと前はピアノの練習を朝と夜にやってましたけど、最近は家に帰ってからピアノの前にすわる体力が不足気味。
弾こうとしてもグッタリしてしまって、思うようにいきません。
朝もなかなか起きられずに、平均すると15分ぐらいしか練習できてない状態です。

去年、試験勉強をしてた時も体力の衰えは感じてたんですよ。若い頃とは違うって実感バリバリ!
今年はさらに1年分年をとってるワケだし…加齢と共にますます体力がなくなっていってしまう…ひーっ!怖いですっ!

そんな状態に歯止めをかけるためにスポーツクラブに入会しヨガなどをやってるわけなんですけど、先日とうとう「あのクラス」に飛び込み参加しちゃいました。


エアロビクス!!


(ご存知の方は飛び込み参加がいかに無謀なことかおわかりいただけるかと思います)

スタジオで始まるのを待ってると、ムキムキの(しかし若干おネエキャラ)男性が近づいてきました。赤レンジャーみたいな格好してるし、きっと先生です。


先生: 初めての方?

はい(ドキドキ)

先生: もっと前にいらっしゃい、よく見えるところにねドキドキ
ところでエアロビクスかダンスの経験はありますか?

…え? ダンス?
もちろん経験ありませんけど…
なんで?

まだこの時にはエアロビクスがどんなものか、あんまり知らなかったんです。体操の速いバージョンぐらいのイメージしか持ってなくて、楽しそうだなーと気楽に考えてました。


先生: 二つ目の動きからちょっと難しくなるから、ステップをよく見てねドキドキ
…ハーイ!みなさん、始めますよー!


まず各自、脈をはかるように指示されます。

先生: 50以上ある人はいないですね?
じゃ始めますよドキドキ


えっ、えっ?
私、51でした…緊張してきちゃって…


言い出せないまま始まっちゃいました。

最初は深呼吸っぽい動きからです。
一つの動作が終わるたびに先生が「ッタターン!」のリズムで手を叩きます。これがなぜか可笑しくて!

なんとかついていけると思っていたんですけど、警告(?)にあった二つ目の動きが始まりました。

先生: V字ステップ、それからターン!顔は前ドキドキ

止まっててはダメだと必死に先生の動きを目で追います。先生と目があって、先生はニッコリ笑って頷いてくれました。
(ここで大変失礼ながらおネエ疑惑が芽生えました。なんとなく表情や目の動きがそれっぽいんですよー!)

この後どんどんステップは複雑になり、最後には昔の◯富士のCMを彷彿とさせる光景になりました。
この時、エアロビクスとは何かを思い出したんです!
周りをみれば、カラフルなピタピタを着てます!
なんでこの時まで気づかなかった、わたしっ!!

先生の掛け声も「シャッセドキドキ!」とか謎の外国語です。

とにかく動かなくてはと、みんなの動く方向に手足をバタバタさせながら移動します。全く違う動きになってますけど、そこに気を配る余裕すらありません。
それにターンって日常生活でまずしない動きじゃないですか。クルッと回るたびに頭がクラクラ、クラクラ…

気持ち悪くなりながらも50分のクラス終了です。

年配のお二人が話しかけてくれました。
「私達は7年続けてるけど、まだついていけないのよ。あなたは若いからすぐ慣れるわよ~」

こんな激しい動きを7年も!
私は無理です~あせる
体力をつけるための体力づくりから始めないとダメですか!?






にほんブログ村 クラシックブログへ 





 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。