03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告

インドブーム到来

2016/08/28
ものすごーーくお久しぶりです。


働くって大変ですよねえ。
春から転勤で来た人との仕事が、ここ数か月ずっと上手くいってないんですよ。
残業もやたらと増えるし、やりとりにも体力を消耗するし、体調を崩しがちになっちゃって。
メンタルも加速度的に弱っていって、ちょっと鬱っぽくなってます
予定のない休日はただひたすら眠って心身の回復を待つだけの日々で、本当に疲れた~。

なので今は徹底的に自分を甘やかしたり労わったりすることに決めました!


ピアノは練習時間の確保もなかなか難しいし、そもそもやる気が出ないし、今は苦しいことはなるべくしたくないから、聴くのが中心。
弾く方は短くてゆったりしてる癒し要素の強い曲や、メカニックな面で苦労することがそれほどなさそうに思える曲(それでも苦労はするんだけど)をゆ~るゆ~るとやってます。
(お友達のブログも全然訪問できなくてごめんなさい



   


こないだ実家に帰った時、父から「すごく面白い映画があるよ」と渡されたのは、あるインド映画のDVD。
3時間を超える大作で、陽気に歌って踊る系の全力でインドなんですけど、ぐいぐいと引きこまれていきました。
見てるうちにだんだん「細かいことはどーでもいいな」と思ったりもして。笑


インドムービーにすっかりハマってしまって何本か見てるうちに、今度は猛烈にカレーが食べたくなってしまいました。
それで2日に1回ぐらいのペースでインドカレーのお店に通ってて・・・ええと、昨日で5回目?
しかし食べた直後は「これでもうしばらくいいや」と思うのに、次の日には「カレーが食べたい」となってしまう。
恐るべし、インドカレーの魔力!!
(正確には私が行ったお店はすべてネパール人のレストランのようです)


でもね、レストランのカレーだから油分塩分がかなり多いんですよ。
それに食費も上がっちゃうし・・・・だったら自分で作ればいいじゃないかという結論に至りました。




ということでカレー作りです。
今日つくるのは、サグカレー(ホウレンソウのカレー)、チキンカレー、チャパティ(平たいパンみたいなやつ)の3種類。
レシピはいろんなのを参考にしながらも、超テキトウです。
母なるインドの懐の深さの前には、ちょっとやそっとのことは多分どうだっていいのです。


まずチャパティの下ごしらえ。

本当の材料はアタという全粒粉らしいけど、スーパーで買った全粒粉に強力粉を混ぜてみよう。


全粒粉と強力粉を2:1ぐらいで入れて、塩少々と水。それから美味しくなりそうだから(?)ヨーグルトも少々。
手でこねるのは面倒だからフードプロセッサーで一気に混ぜます。


水分が多かったのか、思ったよりでろ~んとしてるけど気にしない。
ボールに移してしばらくほっときます。


次はチキンカレーの下準備。

鶏肉を一口大に切って、ヨーグルトと賞味期限の切れたカレー粉と一緒にビニール袋でモミモミ。
ちゃんとしたスパイスを入れようかと迷ったけど、下味だし期限切れのカレー粉で十分。細かいことは・・・(以下略)
これも出番が来るまで放置ね。


ここからサグカレーに取りかかるよ~。

ココナッツオイルとクミンシードを火にかける。カレーの香りがするよ~


にんにく、しょうが、玉ねぎを投入。
フープロにかけすぎて、みじん切りを通り越してすりおろし状態。
しばらく炒める。


トマトの水煮を投入。
え、量?もちろんこれも適当ですとも。


ペースト状になったら、各種スパイスなどを投入。
コリアンダー、ターメリック、チリパウダー、塩。あとは気分しだい。(←何を入れたか忘れた)


茹でてフープロでペースト状にしたホウレンソウと小松菜、ヨーグルト、水少々を入れる。
海外の動画を見るに、緑の野菜ならなんでもいいようだ。
緑が鮮やかでテンションがあがるね


混ぜるとこんなカンジ。


ここからチキンカレー。

バターとホールスパイス(シナモン、クローブ、ローレル、クミンシード、カルダモン)を火にかける。
先に油に香りを移すのは北インド流だとか。


にんにく、しょうが、たまねぎ、にんじんのみじん切り・・・じゃなくて、ほぼペースト(笑)を入れて炒める。
にんじんを入れてるレシピはなかったかもしれないけど、甘味のあるカレーが好きだし、栄養バランスも大事だもんね。
そのあとでトマトの水煮を入れて、煮詰めてペースト状にするのはサグカレーと同じ。


さっきのチキンの下ごしらえしたもの、塩、砂糖、スパイス(パウダーのもの)なんかをいろいろ入れてグツグツ。
ホントはチキンを先にオーブンとかフライパンで焼いておくといいようだけど、そこも省略していきなり鍋に入れた。


カレーはほぼできたので、チャパティ焼くよー!


生地がでろんでろんのままだったから、丸めて伸ばす課程も省略し、いきなりフライパンの上で伸ばして焼く。
あっという間に火が通る。

↓これはお手本画像

火からおろして、コンロの直火の上に乗せるのがお約束。
こうやって風船のように膨れるらしい。


全然ふくらまない。
それどころか左端に引火して燃えてるんだけどー!




いちおうそれっぽいものが出来たので試食してみます。

・・・う~む。なんか水っぽいし、ざらざらしててなめらかさが足りないようだ。
スパイスも全然足りない。かなりたくさん入れないとダメなのね。
チャパティは見た目はアレだけど、意外とおいしい。


残りのを煮詰めたり、調味料を足したりと試行錯誤。
出来上がったのをさらにフープロにかけてポタージュにしてみると、レストランの味に近づいてきた。
よしよし、いいぞ。


明日のお弁当もバッチリさ

一晩寝かせたカレーがどうなるのか、楽しみじゃ。




ブログ村 ピアノ
スポンサーサイト
 日常

ピアノを置けるのか② 必要なモノ、それはお金。

2016/05/05
ミもフタもないタイトルで恐縮です。


防音室と言えばまず思いつくのがアビテックスでしょ~と、まずヤマハへ情報収集に行ってきました。
買い慣れないモノを検討するときはなるべくたくさんの人の意見を聞いておきたいから、お友達のYさんにお付き合いいただきました。
うっかりものの私がひとりで考えると大事なことがボロボロ抜け落ちてそうだし、めんどくさくなって「えーい、とっとと決めちまうか!」と暴走することが多いんですよ
(Yさん、いつもありがとう



受付で防音室のお話を聞きたいと告げ、隅の椅子で座って待つこと数分、穏やかそうな紳士登場。
さっそく自由設計型の防音室の中へと案内してもらいます。
(ヤマハの防音室は自由設計型と既成型の2タイプがあります)

入口の扉は2重。部屋の側面にはガラスのサッシがついてます。
靴を脱いでスリッパに履き替えます。
中にはグランドピアノが1台、上に置いてある値札を見てみるとお値段は300万(だったかなあ?)。←防音室のお値段かと思った。

さっそくYさんにそのピアノを弾いてもらうようにお願いして営業さんと外に出てみます。
:扉が1枚だと防音効果はこれぐらいです。
:けっこう聴こえますね。
:これが2枚になると・・・この程度になります。
:へー。全然聴こえなくなりますね。
:・・・。(しばし無言。私の返事が想定外だったんだろうか。)ここは周りの音がかなりありますからそう思われるかもしれませんが、これが普通の住宅だと小さく聴こえますよ。
:ふむふむ、なるほど。

次にサッシの方に回って
:ではこれが1枚。(音はダダ漏れ)・・・これが2枚。(小さくなる)・・・そして3枚。小さな話し声ぐらいの音量になります。
:おお~。すごい!

ここで営業さんの携帯に着信。「少々席を外します」と隣の防音室に入っていきました。
つーか防音室って電波届くのね。笑(←当たり前なの?)


Yさん:どうだった?
:うん。かなり聴こえなくなるけど、でも弾いてたの静かな曲(ノクターン)だもんね。ガンガンうるさい系の曲だとどうなんだろ?それから弾いてみて音の跳ね返りとかどうだった?
:別に気にならなかったかな。でも私のうちも物置みたいな空間にピアノ置いてるし。


中に入ってみると扉を閉め切った時の空気が「ミチッ」とするのが妙に気になりました。
空気の流れが遮断された空間はああいう感じになるのか、それとも周囲の音が聴こえなくなるせいでそう感じるのか。
イメージとしては真空パックの中とか、圧力鍋の中とか・・・どっちも入ったことないけど、たぶんそういうカンジ。
普通の住宅だとたとえ閉め切ってても同じようにはならないと思う。


選手交代。
音が大きい系、スケルツォ2番の出だしを弾いてみました。
すごく音が跳ね返ってくるかと思いきや、それほどでもなくて拍子抜け。
う~ん、さすがヤマハのアビだ。なかなかやるな。
(この自由設計のお部屋の広さはどれくらいだったかなあ?たしか私の設置場所(予定)よりちょっと広めだったから、広さによっても感じ方は違うと思う)
外で聴いてたYさん、「やっぱり少し聴こえるよ」と。
でも深夜に弾くことは想定してないから完全な防音なんて最初から想定してないし、充分許容範囲だと思う。



Yさんがチラリと壁に目を光らせ
:換気扇があるね。あれも防音になってるんだよね。それからエアコンもいるよね。


サークルのお友達から以前聞いた話を思い出しました。
彼女は小さなアビテックスを部屋に入れてその中でアップライトを弾いてるそうです。
ただエアコンがついてないそうで、とくに真夏は「修行」。
全身汗だくになって汗で鍵盤が滑るとか、どんなに頑張っても1回あたり30分が限界のサウナ状態だとか。
なんだろ、この命がけなカンジ。笑
ピアノが好きが高じてのこの行動なんだけど、ピアノに興味がない人から見たらただのヘンタイ。。。ゲフンゲフン
(彼女からは中古のアビテックスを安く手に入れる方法も聞きました)


つまり普通にピアノを弾く環境を手に入れるには、エアコンは必須ということです。




営業さんが戻ってきて、外で詳しいお話を聞きます。
防音の仕組みについて説明してくれたけど、そのあたりは省略。
そういうのも知っとくべきなんだろうけど、極端な言い方をすれば私としては効果があればそれでよしです。


図面を出して相談(実際の図面のコピーを持って行った)
防音室

↓要望
収納命!な私としてはクローゼットは生かしたい
防音室の箱の中にクローゼットを収めるなら可能。つまり防音室の中に新たにクローゼットを作ることはできる。ただその場合、壁の中に壁を作る構造上どうしても小さくなってしまう。(そしてその位置にあるクローゼットの使い勝手はまた別の問題)

リビングとの仕切りをサッシにして空間がつながってるように見せたい
可能。(あとは予算次第)

エアコンをつけたい
可能。エアコンのダクトの位置を確認して設置。


:だいたいでいいので予算を知りたいんですが・・・
:窓だけじゃなくて下がり天井や柱のような構造の問題もありますから、ただの立方体の部屋を作るのと比べて、資材が余分にかかりますからね。


じゃーん。ざーっくり価格例。
fc2blog_20160505134011409.jpg
(詳しくご覧になりたい方はクリックしてください)

:ご相談にはなりますが、でもだいたいこのぐらいは・・・
と指をさした先にあったのは・・・・・・440万円!!


ひい~~~~~~!!ムリムリムリーーーーーーー!!!



続く




ブログ村 ピアノ
 日常 | コメント(4)

ピアノを置けるのか① 妄想先行

2016/04/30
譲歩と妥協を携えつつ「えいやっ!」と勢いでマンションを買った私の次なる行動。

ピアノを置けるのか

を具体的に考えてみようと思います。

ていうかそういう大事なことは買う前に考えとけよって思いますよね~。
でもねー、考え過ぎちゃうと買えないっていうか、これまでも「検討→後戻り→ふりだし」のループをを延々と繰り返してきましたからね。


※この記事はあとで限定にするかもです。


↓ざっくり基本の間取り
基本の間取り



あまり詳細に書いちゃうのもどうかと思うから、適当に書いてます。
購入にあたってはたくさん譲歩した点があるんだけど、一番の妥協は黒塗りのデッドスペース部分!
いまどき柱が部屋の内側ってどーなの!?
あとはマンション特有のパイプスペースの位置!
本当に邪魔だと思うけど、諸条件を考慮した結果、この物件が一番条件には合ってたから仕方ない・・・でもさ・・・ブツブツ・・・。

それでお部屋2にピアノを置こうと思ってたんだけど、どうやら設計変更が可能だと聞きまして。
ピアノのことはいったん横に置いとくとして、私の理想はモノが出てないお部屋。
それには少々収納スペースが足りないのだ。


↓こんなのはどう?
変更案
お部屋2とリビングを繋げてみた。


お部屋1は寝室の予定だけど、寝室にはベッドのほかには家具を置く予定はないから狭くてもOK。
もし置くとしてもあとは机かキャビネットぐらいだと思うし。
なのでお部屋1を少し狭くして、クローゼットとパントリーを作ってみました。
こうしたらリビング広々だし、収納も増えるぞ~


↓膨らむ妄想
家具の配置妄想図
こんな風。むふふ、むふふ。



しかーし!ピアノの一番のネックは騒音です。
こんなアッパッパーの空間で音を出せるのか・・・・・・いや、きっとムリでしょ。


ということでまずは情報収集をしようと防音室のお話を聞きに行きました。



まだ続く。




ブログ村 ピアノ


 日常 | コメント(2)

そして家を買う

2016/04/26
人生最大のお買い物になるであろうマンション購入、自分だけで判断するのはムリー!とヘタレな私は母に同行してもらうようお願いしました。
すると当日は父も参加して、親子三人でモデルルームへ。
いい年してちょっと恥ずかしい・・・



モデルルームへ

営業担当は40代後半~50代前半の男性
まず「アンケート」なるものを渡され、いろいろ記入します。
話には聞いておりましたが、こんな個人情報を初対面の相手によくも聞けるわね(笑)という内容です。

私が記入してる間、営業さんは両親に向かってずっとお話をしてます。
きっとここで購入の後押しをするであろうキーマンを探ってるんだと思います。
どうやら営業さん、標的を母と定めた様子です。
むむむ、鋭いっ!!!

その日はあまり時間もないからさくさくっと話を聞いてみてすぐ帰るつもりでしたが、なかなか本題に入りません。
マンション業界の動向の話なんかで両親と盛り上がっております。
おーい、買うのは私だよー!



やっと本題

地図を見ながらどのあたりがいいとか条件を出しつつ、そのデベの物件の中から候補を絞っていきます。

営業さん:お嬢さん(←もはやそんな年ではない)のご希望はこのあたりでしょうか。
:うち(実家)から近いところじゃないとダメ!
:ではこちらだと条件に合いますね
:あら、いいじゃない~(わが意を得たりと頷く母)
:・・・・・・。(いや、たしかに私の条件とも合うんだけど・・・おかーさん・・・)



間取り図を見ながら。。。

:あ、この間取りいいかも。・・・・おいくらなんですか?(おそるおそる)
:こちらは〇階で〇〇万です(営業スマイル)
:ふーん。そうですか・・・(動揺)・・・・じゃ、じゃあ、こちらは?
:こちらですと・・・えーと、何階が空いてたかな・・・少々お待ちください。

というやり取りを何度か繰り返した後でやっとモデルルームへ。。。



モデルルームマジック

「モデルルームでは冷静になれ」という先人たちのお言葉を胸に刻んでいたはずが、あっという間にそんな教えはどこかへ消えて行ってしまいました。

:おおおおお!シャレオツ~~~!(免疫がなくて無駄に興奮する私)
:床がフカフカしてるだろ?マンションの床は騒音対策でこういうのが多いんだぞ~。(←下調べをしてきたのか鼻高々で知識を披露する父)
:この浴室のメーカーはどこの会社ですか?洗面台は?キッチンは?(←母はリフォームが大好き)
:こちらのメーカーは〇〇になります。ただこのモデルルームの仕様はグレードの高いお部屋のものでして、ご検討されてるお部屋のはこれよりサイズが小さくて、うんぬんかんぬん。。。
:あー、そうなんですね。そりゃそうですよね・・・(がっかり)



トイレ休憩

:なかなかいいんじゃないの?ママ、気に入っちゃった(ノリノリの母)
:そーだね。いいかもしれないねぇ。このあと物件の場所を見に行くんでしょ?でも仕事の時間がね。予定の時間を過ぎちゃいそうだしさぁ。
:そんなの会社に連絡入れればいいじゃないの。仕事とどっちが大事なのっ!?
:そりゃどっちも大事だけどさー。うーん。連絡入れておくか。
:ところでここのトイレ、いい匂いするわね~。なに使ってると思う~?
:うん。私も思ってた。(キョロキョロと目を光らせるが香りの元は特定できず)←バカな親子。



候補物件の予定地めぐり

物件候補その①
大通りから一本中へ入ってるから少し静かかもしれないけど、近隣のお店が微妙。
:うーん。これはあまり環境が良くないな。
:駅の近くで商業地ですからね。
:隣地境界線はここですか?建蔽率は・・・隣の土地に建物が経つとしたら・・・(←がんばる父)
:そうねえ。この物件だと上の〇階にした方がいいんじゃない?おいくらだったかしら?ね、そうしなさいよ!でもここの町は少しごみごみしてるわねえ・・・

物件候補その②
大通り沿い
:さっきよりこっちの方が場所はいいな。

物件候補その③
駅から少し遠い
:この場所はなんだか好きになれないな。駅までの道も夜は暗いと思うしさ。

物件候補その④
大通り沿い
:ここが一番うちから近いわね。
:駅から近いのはいいけど、ここはオフィス街だからスーパーが遠いんだよね

物件候補その⑤
超都心
:いとこの〇〇ちゃんが買ったのがココよ。
:環境はなかなかいいぞ。
:え!?ご近所とかホント勘弁してほしいし。それにここだと日用品の買い物に困るよ。デパートで買うワケ?私はどっちかっていうと下町希望だよ。それにここは高いんじゃないですか?
:ええ、先ほどよりは少し価格が上がりますね。
:わー!そんなの絶対無理だから!



疲れ果て・・・

:資金計画についてご相談しましょう。
:今の家賃がこれぐらいだから、毎月の負担がそれぐらいまでになるようにしたいです。
:なるほど。ではこんなのはいかがでしょう?
:えー!修繕費ってこんなに増えていくんですかー!?今はいいけどこれでは将来が不安です。だって金利も今後はどうなるかわかんないし。
:でもお給料は上がっていくでしょ?
:今時そんなの期待する方がどうかしてるよ(←氷河期世代)
:資金のことは置いておいて、本当に住みたい部屋はどれでしたか?(悪魔のささやき)
:このお部屋ですけど・・・・いや、でも、そーいうのは・・・



このあと(詳細は伏せるけど)いろいろあって、譲歩や妥協をしつつ予算の範囲の中で条件に見合う物件をめでたく契約致しました



なにも一年で一番忙しい時期に決めなくてもよかったんじゃないかとも思ったけど、でもこういうのって縁だって言うし、納得して買ったので私的には満足です
それに住んでみないとわからないこともたくさんあると思うし、一生そこに住むって考えたらなかなか決断できないけど、もし将来本当にどうしてもイヤになったとしたら、リフォームやいっそ住み替えも検討すればいいって思えばそれほど思いつめることもないかな~。





そして次の課題へ・・・
(まだ続くの?)



ブログ村 ピアノ
 日常 | コメント(4)

条件と妥協

2016/04/26
つづき。

モデルルームを予約

母に「なかなか良さそうだから資料請求した」とメールしたところ、「こういうのは早いもん勝ち。すみやかに見学の予約をするのだ!」とすぐさま返信がありました。
それもそうだとは思ったものの、なかなかまとまった時間が取れません
翌週の休日出勤前の朝一の時間にチラ見するだけのつもりで予約を取りました。



条件と妥協点を洗い出す

【絶対条件】
①予算
先立つものがなければなにもできぬ。
ごく普通の会社員のワタクシにとってここが一番制限をかけてくるところ!

②立地
都心で駅から徒歩5分以内。複数路線だとなおヨロシイ。
静かな環境より、多少騒がしくても利便性重視。
帰宅が遅いときもあるから駅から遠いと夜道が怖いし、できるだけ便利な環境で暮らしたいのだ。
地盤が低いところもいろいろ心配なので、そういう心配がないところがいい。

③広さ
今住んでるお部屋が40㎡なのでそれ以上、特に今は住宅ローン控除の条件が50㎡以上なので最低でもそこがボーダー。
ひとりで住むし、あまり広すぎても持て余しそうだけど。。。ってこの心配は無用でした。笑(←そもそも買えない)

④階数
ひとり暮らしなので防犯という意味で2階以上がいいし、できれば害虫があまり来ないという4階以上(?)だと嬉しいけど、ピアノを置くことを思うと下に人が住んでない2階の方がいいんだろうか。
高いところはあまり得意ではないから、それほど高層階じゃない方がいいのかも。
あとは日当たりしだいかな。

⑤楽器可
そもそもアコースティックピアノが置きたいというのが大きな動機だったから、楽器NGマンションは☓。
でも分譲で楽器不可なんて物件があるんだろうか?


【譲歩できる条件】
①南向き
一応希望は、南→西→東→北の順番。
予算の関係上、ここは妥協せざるをえないところかも。

②角部屋
風通しと採光は大事だし、ピアノを置きたいのでなるべく迷惑をかけないようにお隣さんがいない角部屋がいい。
でも中住居でもその他の条件や間取り次第で譲歩できる。

③間取り
2LDKが理想。(ひとつは寝室、もうひとつはピアノ部屋)
設計変更やリフォームでなんとかなるのかもしれないけど、なるべく余分なお金はかけたくない。
変形部屋は家具の配置で苦労しそうだから避けたいし、収納が多くて使いやすい形だといいな。

④キッチン
アイランド型かペニンシュラ型(片側の端が壁にくっついてる形)がいいけど、L字や壁に沿う仕様でも使いやすそうであれば妥協できそう。

⑤標準仕様
床暖房とか食洗機とかそういう設備。
もしなかったとしても必要ならオプションで、もし後で欲しくなったとしてもその時につければいいし。
でもやっぱりこれも最初から充実してる方がいいし、あんまりショボイのはなぁ・・・

⑥マンションの共有設備
オートロック、宅配ボックスとか24時間ゴミだしOKとか、こういうのって今はほとんどどのマンションでもついてるのかな?
あとは維持費がかかりそうだから機械式の駐車場じゃない方がいいけど、都心部ではムリっぽい。
大規模マンションの方が1世帯当たりの管理費や修繕費の費用負担が少なそうだけど、駅近の大規模マンション自体少ないからここも妥協ポイントとなるであろう。




もっとたくさんあったんだけど、細かいことを言えばきりがなくなってしまうのでこの程度にしました。

まだまだ続く。




ブログ村 ピアノ



 日常 | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。